2017年10月19日 (木)

督促された定期検診

hospital美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

本来の大腸カメラ定期検査予定は春でした

春の胃検査と同時期に予定されていたのですが、胃カメラの数日後に気絶し、打撲数ヶ所&歯が割れたり…etc

.

そこからは歯の治療が続き、やっとブリッジが入ったと思ったらヒドイ口内炎で

胃カメラの検査結果を訊きに行ったついでに、頭の打撲を観て貰ったのですが脳内部には影響なかったようで単なるデカたんこぶ?

.

歯の治療も一段落した頃から、気温が高い日が多くなり「大腸カメラは涼しくなってから」と延期願い

ただ、今年の夏から秋の端境期はハッキリせず、涼しくなったと思えばまた真夏日

とうとう10月も半ば、「そろそろ検査しませんか」と消化器科から督促されるはめにcoldsweats01

で、今日は薬の処方箋を貰いがてら、大腸内視鏡検査日を決めてきました

.

実は私、胃内視鏡より大腸内視鏡がキライ

内視鏡がキライと言うより、その検査の準備がキライなんです

胃の検査は朝の食事を抜くだけでイイのですが、大腸の検査は前日から食事制限し当日は朝から多量の下剤を飲み続けトイレに何度も駆け込み~それが苦痛

食いしん坊の私が苦手なのは食事制限、加えてお腹がカラッポになるまでの下剤…拷問のようですsweat01

.

でも、そんなこと言っても居られませんしね

検診をさぼって、もし癌再発って時に消化器科に行き難いってのは困るもの

.

いつものことですが、混んでる病院から帰るのは昼もかなり過ぎた頃になります

病院を出て直ぐの【天や】で“二八蕎麦と天麩羅盛り合せ”、牡蠣と帆立の天麩羅があるのがお気に入りです

Photo

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

 ****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月17日 (火)

ハッシュ・ド・ポテト

restaurant美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

初夏に出る新ジャガ芋も美味しいですが、根菜が本当に美味しいのはこれから

ほっくりしたジャガ芋料理は、心が休まり温まりますね

.

ジャガ芋の優しいホクホクした質感は、個性を強調しすぎず、ほかのいろいろな素材と相性がいい

癖が無いのに、ジャガ芋を抜くとつまらなくなる料理はたくさんあります

存在感のある名脇役といったところ

ジャガ芋が嫌いで食べられないという人は、まず滅多にいないんじゃないかしら

.

味わいや質感だけじゃなく、あのコロンと丸っこい形も愛嬌があって親しめる

誰にも嫌われず、親しまれ、優しく温かい味わいがある…そんな人がいいですね

.

薩摩芋より10年も早く、ジャカルタから伝来していたのに、西日本では育ち難かったことや、薩摩芋のような甘味が無いことで普及が遅れました

.

ジャガ芋には、春に植え付ける“春作”と、夏に植え付ける“秋作”があります

春作の代表は男爵やメークイン&紅丸と、近頃人気の北アカリ

秋作は、農林1号・出島・タチバナなどが主です

.

秋に収穫されるジャガ芋は、澱粉含有量が多くホクホクした味が愛されます

元々の原産地は南アメリカ・ペルーとボリビアに跨るアンデス山地

高地・低温・荒地などの悪条件でも育つ『お助け芋』として、飢饉対策に奨励された時代があります

寒冷地に強い上に寒冷地ほど澱粉の含有率が多くなり、北海道には打って付けの作物でした

.

澱粉の含有量が多いことを活かして、細く千切りしたジャガイモに粉チーズとクレイジーソルト、マヨネーズを混ぜてフライパンで焼くだけの“ハッシュ・ド・ポテト”

Photo_7

小さく俵型に焼くのが定番ですが、フライパンの大きさで焼くと手間無しよ~。

.

17世紀頃(約380年前)にオランダ船によりジャカルタ(ジャガタラ)経由で、長崎に持ち込まれたので、ジャガタラ芋が詰まってジャガ芋に

16世紀に伝わったヨーロッパでは、当初は芋より花が愛され、とくにマリーアントワネットはコサージュやブーケにして喜んだんですって

.

それは、さておき日本では、明治40年頃に、函館在住の川田龍吉男爵がアメリカから取り寄せた“アイリッシュ・コブラ(恐ろしげな品種名だこと)”が広まり『男爵』と呼ばれました

間もなくイギリスから“メークイン”が入り、この2品種が長いこと中心を占めてきました

.

時代によっては不当な扱いも受けたのに、どんな土地・気候にもしっかり根を張って堅実に育ったジャガ芋の心根…その形や味のように丸っこく穏やか

人間なら、ジャガ芋のようでありたいし、そんな人と付き合いたいもの

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月15日 (日)

ルビー色の果実・柘榴

apple美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Photo_2バス停でお会いする顔なじみSさんから、石榴(柘榴)を2個頂きました

ただ、傍にやはり顔なじみのAさんがいらしたので、Sさんの了解を得て1個はAさんに

.

この実の由来は、紀元前114年以前に前漢国の外交官として活躍した張騫(ちょうけん)が、西方から持ち帰ったことから

その西方の国が《安石国》と言い、瘤のような実が生る木があって、その実を持ち帰ったので“安石榴(あんせきりゅう)”と名づけたそうです

それが詰まって“石榴”になり、それが今に至っていると

.

原産は、ペルシャ(イラン)を中心にした地域で、学名はプニカ・グラナトゥム

グラナトゥムは粒状の意で、まさに石榴の実…スペイン語ではグラナダ

アルハンブラ宮殿のある、あのグラナダ市の紋章は3個組み合わせた石榴の実になっています

宮殿の庭園はもとより、街中至るところに石榴の木が植えられている街…「あぁ、グラナダなんだなぁ」と感慨深くなる風情溢れる街です

.

石榴の実は、甘くほのかに酸っぱく香りがいいのですが食べ難いんです

好きな人は「種ごと食べちゃえばいいんだよ」と、こともなげに言いますが~

私はクチュクチュと汁を啜った後の、口中に残った種は飲み込めず出しています

Photo_3

.

そんな石榴の時季になると、私には忘れられない貴重な思い出が蘇るんです

ある日、評論家の故・古波蔵保好先生のお宅で、真っ赤な芳香のあるジュースを頂戴しました

「あ、石榴?」「よく分かったね、石榴を絞ったんだよ」

「先生が?」「そう、僕が…美味しい物を頂くためにはマメなんですよ」

先生が教えてくださった作りかたは、手で四つくらいに割った石榴から、潰さないように赤いルビーのような粒を取り出し

それをボウルに入れて、小さな擂粉木のような棒で丁寧にゆっくり潰していく

溜まった汁を濾し器に通し、残ったかすは布巾で絞って、ジュースが完成…と

.

ワインより美しい、宝石のような色のジュースは甘さも濃厚でかすかな酸味が爽やか、独特の香りは夢心地にさせる魅力がありました

「潰す時に、白いシャツは危険なんですよ(汁が撥ねるから)」

先生は笑って、大きなコップになみなみとその貴重なジュースをご馳走してくださいました

1個の石榴から出来るジュースは微量でしょうに

そのコップには何個分の石榴が、面倒な作業を経て、ジュースになって入れられたのかしら

.

日本一ダンディな文化人と誰しもが認める先生は、奥様も著名なデザイナーだったこともあって、メチャお洒落な老紳士(憧れていたんだわ~私)

その先生が手ずから、一粒一粒を外し潰し濾された“グラナディン(石榴)・ジュース”、この上ないもてなしを頂いたと体中に染みたのです

お子様がいらっしゃらない先生は、私の亡き父と同い年でした

それを知った先生には娘のように可愛がっていただいて、何度もお食事にお供したのですが

どの食事より、この《グラナディン・ジュース》が心に残っているんです

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月13日 (金)

自家製スイートポテト

cake美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

薩摩芋の季節になりましたね

でも、今年の薩摩芋生育期は天候不順で実りが心配されましたが、何とかイイ生育になったようです

.

昔、江戸っ子が女子を揶揄して「オナゴの好きなものは、芋・蛸・南京・蒟蒻・芝居…」と

この程度の囃し言葉なら、セクハラと目くじらを立てるのも大人気ないから流しましょう

.

でも~たしかに、現代女性だって、薩摩芋やカボチャ、蛸や蒟蒻、そして映画やライヴなど大好き

とくに薩摩芋の新芋が出る頃になると、焼き芋の匂いが懐かしくなってきます

因みに皆様のお好きなのは、焼き芋・蒸かし芋・大学芋・天麩羅・その他?

.

薩摩芋は昼顔科の蔓性多年草、南メキシコから中央アメリカが原産

日本には、江戸時代に中国から琉球(いまの沖縄)を経て、薩摩(いまの鹿児島県)に渡来

だから、一般には薩摩芋と呼ばれていますが、鹿児島では“唐芋(からいも)”が通り名

.

痩せた土地でも良く育ち、米より収穫が安定して満腹感がある…と言うので『救荒作物』として広まりました

天明の大飢饉や、太平洋戦争の時にも、薩摩芋に助けられた人は多いと

.

澱粉が主成分ですが、ビタミンB1・Cも多く、カロチンや繊維質が豊富

と言って、薩摩芋は肥ると敬遠するのは誤解で、同じ量を食べるのなら米飯より低カロリーなんです

しかも、薩摩芋のビタミンCは熱にも強く、とくに電子レンジで加熱すれば殆ど損なわれることは無いそうです

.

私が好きな簡単スイートポテト、縦割りして皮ごとレンジで蒸して皮を残して身を刳り抜きマッシュ

Photo

バターと砂糖少々を加えて皮に詰め直し、卵黄を塗ってオーブンで焼くだけ…バターは控えてます

.

スイートポテトの他にも幅広く使える薩摩芋

昔ながらの、茹でて干した“干し芋”も懐かしい味で、いまでも固定人気があると

.

因みに薩摩芋のことを『栗より旨い十三里』と言うのは、江戸に入ってくる薩摩芋は、殆どが川越の産だったから

小江戸と言われる川越は、江戸から約九里、“九里(先の地)+四里(より来た)=十三里”と、栗より美味しいことを洒落て言ったのです

江戸時代の人たちは生活にシャレが生きてたんですね

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月11日 (水)

政党お抱え評論家

shadow美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Rimg0003政治家は「上手に嘘を付いてナンボ」

国民に“美味しい夢を見せ、欺いてナンボ”

と言われますが、マザマザとその現実を目の当たりにしてます

.

上手に国民を騙すのが政治家の資質…天才詐欺師なのですね

『振り込め詐欺』も、いくら注意喚起しても「私は騙されない」と思い込んでいる人が騙される、選挙も似てるかな?

.

カオス(混沌?)状態の衆議院選挙

知るほどに、まるで希望など持てない『希望の党』に転がり込む“議員になりたい面々”

.

.

私の朝は、8:00からのテレ朝『モーニングショー』を観ながらの朝食

コメンテーターやパネリストの言い分を聞くのが朝の脳活性化

.

でも、時々カチンとくるパネリストが居ます、コメントが明らかに偏ってる方?

私は個人的に、ごく庶民的意見を全うに真っ直ぐに言う玉川徹氏が好きなのですが、10/9日の政治評論家との応酬には一緒に腹が立ちました

相手は“官邸のスポークスマン”と言われる田崎史郎・時事通信社特別解説委員

あからさまな安倍総理援護発言で、玉川氏の庶民的疑問を封じようと恫喝紛いの言葉

それでも糾弾する玉川氏の質問に窮し、顔つきが変わりました

.

番組終了後に田崎氏をネット検索…なんと安倍政権からお手当てを貰ってるスポークスマンだったの

首相からの接待を受け“現金”まで受け取っている、そのお金は政党交付金=国民の血税です

時事通信社では「肩書は貸与しているが、社員ではないので関与はしない」と

初めて政府は評論家まで金で雇うんだ~と驚愕、もうこういう人の発言は信じません

.

さらに、驚くのは追及した玉川氏にテレ朝上部から訓戒があったと言うの

NHK、読売、産経…と政権に取り込まれ思想の偏り過ぎたメディアが増えていく怖さ

「朝日よお前もか~!」

新聞やTVだけでは無い、ネットサポーター(ネトサポ)などを使って反政権叩きを強化

多くの国民の思考を牛耳ようとする政権は、まさに戦前の国民洗脳手法

.

そう言えば、鋭い切り口で世界情勢を解説してくれる池上彰氏も朝日新聞から掲載拒否の言論封殺の被害にあっています

読者から高い評価を得ていたのに~朝日の政権への“忖度”?

.

『憲法9条』は守らなければ、日本の平和の土台です

風前の灯でしょうが、まともなリベラルは立憲民主党?、共産党?

戦争前夜は『言論統制』から始まります、政権に都合の悪いことは隠蔽し、反論は叩き潰す…そんな日本のいま

.

選挙後に恐怖の戦争前夜が来ませんように…微かな望みを託したい

『戦争法』『共謀罪』、そして憲法改悪…悪夢の足音がこれ以上迫って来ないように

.

追記、さらに腹が立っています

今日の『モーニングショー』は、玉川氏が田崎氏に謝罪することで始まりました

しかも、今日の玉川氏は殆ど発言無し、無難なコメントばかり

何なの、コレsign03…9日の番組終了後に玉川氏に言論制裁があったとしか思えません

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

***************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月 9日 (月)

食用菊花なめ茸和え

maple美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

春の桜と並び、秋を代表する花は菊

中国原産で、奈良時代に日本に持ち込まれました

平安時代になっても菊はまだ珍しい花で、貴族社会では延命長寿の薬草とされ、重陽の節句(9/9)には花弁を酒に浮かべて飲み干したと言います

.

菊の花の観賞が一般的になったのは鎌倉時代頃からで、江戸時代には品種改良が盛んになり、菊人形や展示会などで菊の美しさを競い合うようになりました

そうなると、花の丹精に夢中になるあまり仕事を忘れる愛好者が続出

『菊作りは、罪作り』と言う諺まで出来たのです

.

華やかな菊花は太陽にも喩えられ、『日章』と呼ばれて高貴な花=百草の王とされました

皇室のご紋章として、明治2年8月24日以後は一般人が菊花を家紋や商標に使うことを禁止

皇室ご紋章の菊は十六葉八重表菊です

.

どの菊も一応は食べられますが、食用として改良され栽培されたものは“甘菊”と呼ばれるだけに苦味がなく花弁も厚くて香りがいいです

青森産の阿房宮(八重黄菊)、山形や新潟産の延命菊(淡紫菊)&モッテノホカなどが有名

花弁は茹でる時に、お湯に酢を少量入れると色がキレイに出ます

.

モッテノホカをなめ茸茶漬けで和えた簡単な小鉢

Rimg0002

.

摘んだ生花の他、花弁を蒸して平にして干した“菊のり”にして出回っています

花はお浸し、酢の物、天婦羅、和え物、汁の実、菊飯や菊粥などに

菊の葉は天婦羅にしますね

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月 7日 (土)

白茄子マリネ

bud美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

駅ビル入り口の産直には珍しい野菜も出ます

今日は白い茄子を買いました…一般的な茄子と違うのは白茄子には葉緑素がないんです

.

英語で茄子をエッグプラント(卵野菜)と言うのは、白茄子が原種だからだそうです

なぜ紫の茄子がエッグプラントなのか疑問で、形が似てるからだろうと無理に納得していたんですが~

が!、この白茄子を見た瞬間にeye、長年の疑問は氷解flair…確かに“卵”

ただし、色は白いのですが、やはりアクはあるんです

.

ためしにそのまま茹でてみると、白かった皮が薄紫に変色します

甘みが強く、とろっとした肉質で油を使った料理に合うから、白い皮の色も活かして~マリネにしまし

Photo

加熱時間が長いと皮が変色するので、折角の白を活かすためにレンジを使いました

ラップに包んでレンチンした茄子を4つ割りし横に半分切り、水菜と合せてクレージーソルト、白ワインビネガー、オリーブ油のドレッシングで

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月 5日 (木)

落花生ご飯

riceball美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

新物の落花生が出る時季になりました

夫の生前には近くの農園に落花生堀りに行っていましたが、独りになってからは行けなくて

その農園などが駅ビルの産直に野菜を出していますが、今年は生落花生も出ました

.

掘りたての落花生は茹でて食べるのが美味しい

細い蔓を切って良く洗ったら熱湯に入れて30分、ジックリ茹でると、香り良く甘く柔らかに茹で上がります

一度に茹でて冷凍しておくとOK

.

その生落花生で炊き込みご飯

剥いた落花生と水、出汁を取る昆布と塩少々だけで旨いご飯に

Photo

.

一般的に“ナッツ”とは、木の実や草の実、果物も含めての総称ですが、“ナッツ”として一番普及しているのはピーナッツじゃないかしら

ただし、このピーナッツは、ナッツと呼ばれながらも、実は地上に実らず、地下に莢を作るんです

.

豆科の一年草本で、花はふつうに地上に咲きますが受粉すると子房の基部分が長く伸びて地中に入り込み、そこで結実します

それで“落花生”とか“地豆”と呼ばれるんですね

.

亡くなられた歌人の故・塚本邦夫先生は、自他共に認める落花生好きでした

この子房が伸びて地中に入り込む様子をご覧になりたいがために、大阪のご自宅の前栽畑に落花生を植えられ観察されたそうです

金色の花が午前中に咲き、午後には花が落ちて子房が脹らんで、翌日にはちゃんと子房の基部分が伸びて子房が地中に潜っているのに~

その瞬間は真夜中だったのか、一度も現場は押さえられなかったと…いかにも残念そうに、子供のような眼差しで語ってくださいました

落花生の鮮黄の花あすは地の底にゆたけき夢はぐくまむ

と、これは先生が詠まれた、落花生の歌

.

落花生の原産地は南米、16世紀にアフリカ・ギニアに渡り、19世紀初頭にフランスに伝わりました

それより少し早く、ポルトガル人が熱帯アジアに持ち込み、中国を経て18世紀初頭に日本に入ったと言われます

ただ、この時は入ったというだけで実際に栽培が始まったのは明治7年、アメリカから持ち込まれた種子からです

別には“南京豆”とも呼ばれますが、それは最初の豆が中国を経て渡来したからです

ラテン名は、ペルシャの一地方名と同じ“アラキス”

.

『食べ過ぎると、鼻血が出る』と言われるくらい、栄養価が高い落花生

日本では、千葉県が主産地で、とくに八街が有名ですね

炒り豆で食すのが一般的ですが、擂り潰して和え物やピーナッツ豆腐にするのもいい

菓子の材料にしたり、ピーナッツバターで香ばしい風味を楽しむのもイイですね

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月 3日 (火)

生徒が教諭に暴行は?

punch美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

Rimg0002博多高校で生徒が教諭に暴行した動画が問題になっています

授業中に生徒が禁止行動をし、注意した教諭に生徒が暴発

.

この時、この教諭が生徒を諌めるつもりで殴り返していたら“体罰”と非難集中??

規範を破った生徒に教諭が手を上げたら大問題になります

“体罰”と言われるから教諭は手を出さずに生徒の暴行に耐えた

何度も蹴られ殴られても、新任23歳教諭はジッと我慢(エライ!)

.

でも~~生徒が教諭に暴行していいの??、これは許されるの???

教室内に居た他の生徒たちも嬌声を上げ、暴行を煽り単なる傍観者ではなく共犯者

.

私は決して体罰容認では有りません

ただ、教諭の行動ばかりが俎上に乗り、生徒が甘やかされる状況も許してはいけないと

.

.

かつて、息子がお世話になった熱血先生…生徒たちに慕われていました

その教諭が病欠した日に、代理で授業を受け持った女性教諭に数名の子が「受け持ちでも無いのに命令すんな!」と反抗

後日、そのことで担任教諭は反抗した生徒を大声で叱り、代理教諭に謝るまで壁際に立たせました

.

多くの父母は当然と受け止めたのですが、叱られた子の親が校長の頭越しに教育委員会に訴え…しかも、その親が大学教授と言う“忖度”なのか、担任は左遷されました

生徒たちの多くは、みんな心が傷付いたのです…誘い合って担任の転任先に訪ねて行きました

.

「新しい先生の言うことを聞いて、みんな仲良く笑顔忘れんなよ」

慕った元担任に諭されて生徒たちは泪の顔を笑顔に変えて帰ってきました

.

思い出せば、まだまだ問題が解決しやすい時代ではあったのかも知れません

昨今の教育現場の『危機的』とも思える陰湿な状況は、かつての校内暴力より底が見えない

“腐った蜜柑”は生徒側なのか、教師側なのか…暴力に立ち向かえるのはどんな力??

.

政治が暗闇の中だと、無力の国民ほど不安が募り荒れます…貧困層、若年層、高齢層

社会の荒廃が進む一方の日本、議員を選ぶのは私達rock

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

****************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

2017年10月 1日 (日)

柿とアボカのドサラダ

apple美味しく食べられ、小さな楽しみがある日々…『一病息災』で穏やかに優しく生きたい

.

柿の美味しくなる時季、柿は日本固有の果物なんです

古代から山野に自生し、それぞれの土地で品種改良が進められてきました

学名もディオスピロス・カキと、和名のカキがそのまま使われています

因みに、フランスでは“ル・カキ”と呼ばれるそうですね

.

庭先に植えて、自家用の果物としても親しまれています

柿は北海道を除く本州以南で生育、甘柿より渋柿の方が北限が上

この、柿の渋はタンニン性物質・シブオールを含有するからだが、実は甘柿も渋柿も、シブオールの含有量は同じなんです

それなら、何故に甘柿に…この種の柿は、熟すとシブオールが消滅したり、唾液に溶けない形に変化したりするから

実の中に胡麻のようなものが沢山入っているような甘柿は、シブオールが胡麻状に固まったもの

渋柿の渋は、アルコールや炭酸ガスを噴きつけたり、湯に浸けて不溶性に変えると、渋さを感じずに食べることが出来ます

この作業を「醂(さわ)す」と言いますが、醂し柿の方が普通の甘柿より甘さが増すと言います

.

甘柿の筆頭は“富有柿”、そして“次郎柿”、筆の穂先のような形の“筆柿”(これも甘柿)

渋柿では“平核無(ひらたねなし)柿”=別名・おけさ柿、庄内柿

柿はビタミンCの含有量を特筆すべきで、2個で1日の必要量が摂れます

ビタミンAも多く、またタンニン質が酔い覚ましに効くと言われています

.

日本人は、昔から柿は“水菓子(デザート)”ばかりでなく、料理にもいろいろ使って来ました

正月の『柿なます』は、酒を飲む機会の多い時季には、理に適った古人の知恵料理

ほかにも、江戸時代には『柿けんちん』『柿寄せ』『柿の白和え』『柿の黒衣』『柿ころも』『柿しんじょ』…etc

手の込んだ柿料理が数多く作られていたようです

ただ、残念ながら、名前は残っているものの本当の作り方は正確に伝わっていません

.

私は簡単に【柿とアボカドのサラダ】

ちょっと硬めの柿だったので~調味はオリーブ油と塩胡椒で…想定以上の美味しさ

Rimg0003

.

ところで、『雨柿日栗』という諺がある。

雨の多い年は柿の出来が良く、日照りだと栗がいい…さて天候不順だった今年の柿は?

.

余談ですが、江戸時代の備前有田の陶工・酒田柿右衛門は、柿の色の美しさに魅せられ、その紅色を焼き物に出そうと心血を注ぎました

寛永末年についに完成した焼き物は、柿右衛門の銘で世界中に知られ、ヨーロッパの陶磁器にも大きな影響を与えましたね

.

最近、スパムコメントが入りますので、大変に恐縮ですがコメントはチェックするまで公開を控えさせて頂きます

しばらく、ご不快やご不満をおかけするかと存じますが、どうぞご寛容に従来通りのお付き合いをお願い致します

***************************

※悪戯や悪意のコメント、記事と無関係の書き込みなどは削除させて頂きます

«紫蘇の実ふりかけ

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ