« 夢の自然食品?アピオス | トップページ | デッカイもチッコイも柑橘仲間 »

2006年2月24日 (金)

帆立貝焼きわたし風

正月に陸奥湾産の活き帆立を取り寄せ、処理をして冷凍しておいた貝柱が5~6個と紐が少し残っている。

いくら何でももう食べ切らないと・・・そうだ、貝焼きをしてみよう。

この頃は直系20センチもあるような貝は一般人では入手出来ない。

そんな大きな貝なら小鍋としても使えるだろうが、取り寄せた貝も12~13センチ位が主で、その中で大き目で欠けが無い物を洗って残しておいた(皿代わりに使うと風情が出ることも)。

これで貝焼きをするには一工夫要る。

本場の本格的な作り方は良く知らないが、かつて現地で食した記憶を手繰ってみると、基本は味噌味の葱入りスクランブルエッグ風か。それを小さく浅い殻で作る?ーーーガスコンロの上で?

そうだ、皿代わりに取っておいたのだから鍋にすることは無い。

帆立貝焼き風

  • で、フライパン登場。まず少々の出汁に味噌を溶き、刻んだ紐と葱を さっと煮て溶き卵を入れ掻き回す。
  • 丸みのある(白い方)殻に四つ割りにした貝柱を置いて、上に先の卵味噌を殻の縁まで一杯に乗せ、グリル(orオ-ブン)に入れる。
  • すぐ焦げるので要注意だが、焦げ目が付いたらOK。確かに底から焼くのとは違うが貝焼きの味。
  • 炊きたてご飯にバッチリ♪♪ 

夕食用には、☆一人2個、貝柱を酒と少々の味醂で溶いた西京味噌に漬けておく。これを軽く焼いて刻み万能葱を乗せる。 

« 夢の自然食品?アピオス | トップページ | デッカイもチッコイも柑橘仲間 »