« あなたの呼び方は白子・雲子・菊子・どれ? | トップページ | 春の牡丹と秋の萩・・・その心? »

2006年3月20日 (月)

日本人と桜・・・!!

桜前線が見えてくると、なぜに心が騒ぐのか?・・・、今回の野球ワールド杯の、特にイチローの《眼》。あれが日本人の本質、日の丸を背負うと、日本人は皆武士になる。パッと咲いてパッと散る・・・咲くも散るも“美”の心。七つ釦の意気。桜は日本の国花。

自分でも、何を言っているのか分からないほど、桜は心を乱す。

暖かく、柔らかな風・・・南の方角からの風は悩ましい。こんな風を広島や瀬戸内海沿岸では『桜まじ』と呼ぶと聞いた。“まじ”とは南風のことで、桜の開花を促す温かな南風を季節の節と、喜ぶ気持が込められた言葉だと、聞いて以来好ましく覚えた。

待ち望む桜の開花が《桜まじ》で一夜にして叶うこともある、暖かい春の南風。「春は三月、桜まじ」と謳う気持が伝わってくる。

平均気温が10度、これが桜の開花の目安と言われ、その一日・二日の差が経済を左右する・・・色気の無い話は置いておき、『桜前線』は日本人の関心事。なぜ、日本人は“桜”なのだろう。

桜鯛・桜海老・桜餅・桜○○・・・、咲くも美、散るも美。

« あなたの呼び方は白子・雲子・菊子・どれ? | トップページ | 春の牡丹と秋の萩・・・その心? »