« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月 6日 (木)

古代日本文学は鰯から

この数日は、桜に因んで“桜鯛”のことを書いてきた。数週間前には、あれほど“鰯”礼賛で盛り上げて・・・と、いぶかしむ向きのあったろうことは承知で、心苦しかった。

さて、その話にも出たDHA(ドコサヘキサエンサン)は、桜鯛より、体は小さくても鰯が数段多い。青背の魚は一般にDHAが多いと見ていい。

かつて、手足の冷えに悩んで「手足が冷えると記憶力もやる気も失せるみたいね」と、言っていたら、ある栄養学の先生が「まずはビタミンE不足、そしてグルタミン酸とDHAを摂取すれば、頭の回転はバッチリだ」と一言。

「先生、いい文章は栄養より、才能・クリエイティビティ-なんじゃないですか?」「その創造力を高めるのが、グルタミン酸とDHA。

紫式部が大作を書けたのも、小野小町があれだけの歌を詠めたのもそれだよ」、と言われたら、これは食べてみるより無い。

「食事で才女になれるなら“爪の垢”よりは現実的・可能性あるかも?」・・・。

まず、調べたのが世界三大美女の一人で、当時・六歌仙の一人と言われた、美貌と歌才を欲しい侭にした人・小野小町。

彼女の生きた時代は、庶民の生活は貧しく粗末な食事だったが、貴族や官史(つまり上流階級)の食事は、美味・珍味の贅沢三昧だった。

そんな食事の様子が、小町をモデルにしたと言われる『玉造小野小町壮衰書』に伺える。中でのビックリは、中国の皇帝料理に出てくる“熊の掌”だ。コラ-ゲンやコンドロイチンの宝庫の高級珍味がなぜ?。

小町は出羽国の郡司・小野良実の娘、姉が一人いるが宮仕えに出ていて、通称『小野の町』・・・だから、妹が『小町』と呼ばれた。後に美しい娘を彼女に因んで*小町*と呼んだが、当時は単に小さい・年下と言う意味だったのだ。

姉の町の職業は采女(天皇の食事の世話をする女官)だった。と言う事は、天皇の食事のお下がりに有り付いていたと思われる。天皇の食事は質も最高・量もたっぷりだったらしいから、台所役はお下がりを相当に当てにしていたのかも。

平安時代の身分制度は厳しく、席順から料理内容までが官位によって区別された。皇帝料理の技術進歩は著しく、日本料理の原型はこの頃に出来たと言われ、『厨事類記』にも記録がある。

とは言っても、いかに上流階級と言っても、ご馳走は正月や儀式の時だけ・・・平素は、白粥か蒸し飯・野菜・海藻・小魚・味噌汁の何れか1汁&2~3品が普通。

これは、小町だけではなく、清少納言の『枕草子』や紫式部の『源氏物語』にも描かれている。昆布などの海藻と小魚は平安の市場で売り上げトップ商品だった。

平安美女の条件は、丈なす黒髪・・・海藻の売れるのは当然。小魚では鰯が良く売れた。大量に漁れて安価だったこともあるが、旨いから売れた。庶民の食卓は鰯が支えていた。

ただ、鰯は上流階級では、“イヤシ”と呼ばれ、下魚扱い。お偉いさんの口には、鮮度のいい鰯は届かなかったのだ。焼いて時間が経ち、冷めた鰯なんて・・・食べられたものじゃない。そうでしょ!。

しかし、紫式部は違う。鰯を好んだ。それも焼きたてを好んだから、こっそり自分で台所で焼いたと言う。その立ち昇る煙がもとで、夫婦喧嘩が絶えなかったというのは有名な話しだ。

夫や使用人、世間の冷たい視線をよそに式部は「ひのもと(日本)に はやらせたまう いわしみず まいらぬ人は あらじと思う」と、京の岩清水八幡に詣でると、鰯に参るをかけた歌を詠んだ。さすが!!!。

日本人は鰯だ。小町も式部も、清少納言も海藻のグルタミン酸と、鰯のDHAで、後世に残る文学を書いた。彼女たちの食卓こそ《ブレイン・フード(活脳食)》だった。

2006年4月 5日 (水)

桜・鯛・海老・日本人の基本(Ⅲ)

二日にわたり鯛のことを書いたから、そろそろ海老に話を移そう。

鯛は海老で釣ると言う。その海老は勿論伊勢海老ではない。

が、昨今では値の張る車海老だから、そうは餌としても簡単には使えない。

他の餌を使うこともあるが、やはり車海老が良く釣れるらしい(これは、天然物の一本釣りの場合)。

この海老がまた日本人の大好物、日本人が好きな物=1・富士山、2・桜、3・鯛に次いで海老・・・と言うくらい。

桜の季節の海老と言えば、相模湾の『桜海老』。

伊勢海老の豪華な姿形、車海老の繊細な食味、それらと比較するには、あまりに小さく目立たない。

が、この時期の桜海老は、生も美味だが、釜から上げたての潮の香りをかすかに残すのを食すのが絶品。旬の時だけの貴重な味覚である。

殻ごと食べる、本当に小さな海老(富山の名物、白海老も小さいが、さらに小さい)で、カルシウムたっぷり。老化防止のキチン・キトサンもしっかり摂れる。

かつて、日本最強の武士集団と言われた鎌倉武士の特徴は、小柄ながら骨組みがガッチリして、足腰が逞しく、身のこなしが敏捷だったとか。

鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝の正妻・政子は、伊豆の豪族・北条時政の娘。かも。

伊豆の海・山の幸で育った政子は、さぞかし相模湾の桜海老(同時期のシラス)もふんだんに食べたことだろう。

父親譲りの骨太でガッチリした体格だったと伝えられる。たぶん、どこから見ても健康優良児だったようだ。

平氏に都を追われ、流人として伊豆にやって来た頼朝は“都人”、洗練された物腰の色白でやさ男・・・自由闊達に馬で野山を駆け回っていた政子が、心を奪われたのも分かる。

また、頼朝にとっても、都で会ったことの無い女姓に惹かれたのだろう。

この二人が熱い恋をして結ばれるのは承知の話。

やがては鶴岡八幡神社も建立されるわけだ。政子の逸話は、語れば長い・・・ので、ここは、はしょって、つまりは、旬の美味しい物の栄養を上手に摂った女性の活躍話。

神功皇后にしろ、北条政子にしろ、DHAやカルシウムを摂取して、魅力的で強い女性・いつまでも若々しく、(夫を尻に敷いて)活躍した女性を、私たちも見習いましょッ!。

そういえば、桜の花は優雅で妖艶だが、その散り際の潔さは男・武士の生き様にも譬えられる。してみれば、やはり桜は男勝りの女性なのか?。

桜の木肌は、一見荒いが、磨けば美しい美術品に生まれ変わる。

使うほどに艶を増す桜皮細工の魅力は、神功皇后や北条政子のように時代を経なければ分からないのかも知れない。

さて、老化防止は“桜”のつく鯛?、海老?・・・と、献立に悩んでいたら「桜の付く食材を摂っても、歴史上の女性のようになれるとは思えない。まして今更美しく咲くなんて無理・・・でも、“姥桜”ってのもあるなぁ」と、横から口出す憎い奴がいる。  

2006年4月 4日 (火)

桜・鯛・海老=日本人の基本(Ⅱ)

日本人にとって、鯛は信仰に近い何かがある。『腐っても鯛』などの諺があるように、日持ちもいいが、腐っても形が崩れ難く見た目に判らない。

目出タイ・有りがタイ・あやかりタイ・食べタイ・・・桜の時期の“眼の下一尺(約、全長40センチ)”の鯛は、脂ののりも良く、薄紅の婚姻色が美しい希少品(勿論、天然物は)。

そんな鯛はどう食べても旨いのは当然。頭(兜)やカマ、皮・骨・鱗もカラっと揚げるといい。とくに、兜煮の眼の周りは通人には垂涎もの。

ただ、目玉を食べることが、欧米人には野蛮に見えるらしいから要注意。

欧米人は、狐を狩り、海亀の卵を好み、羊の脳味噌を珍重するくせに、日本人に鯨を食うなと言い、魚の目玉をくう野蛮人と評するなんて・・・ほっとけ!!!。古代からの食文化に口出しするな!!!・・・って、言いたいよね。

魚の眼の周りこそ、注目のDHAの宝庫。

ドコサヘキサエンサンなる舌を噛みそうな成分が、脳を活性化して老化を予防する。

なんてことが、医学的に言われるズウッと前から、日本人は魚の目玉を食べ、DHAを摂取していたのだ。エライ*スゴイ*

鯛に助けられ、無事に凱旋した神功皇后だが、鯛の蒲鉾を奉納したくらいだから、きっと食べていた。食べていない訳が無い。

応神天皇の後ろ盾として、69年もの長い間、権力を振るった皇后の、男勝りに軍を指揮した健脳と体力は、DHA・つまり“有りがタイ”のご利益だと思うのだが。

ところで、鯛と並んで縁起物とされ、日本人が愛して止まないのは、海老。

その中で伊勢海老の目玉は思い切り飛び出している。『出目=デメ』だ。逆さ読みするとメデ・・・鯛と並ぶと、メデ+タイ・・・お後が宜しいようで、明日は海老の薀蓄を。

2006年4月 3日 (月)

桜・鯛・海老=日本人の基本?

春が来た、気温が十度以上になり、桜の開花が南から北へ約二ヶ月かけて北上する間、日本人の大半が桜前線と共に一喜一憂する。桜は日本の国花、日の丸と同じ。

桜は薔薇科で、品種は300種にも及ぶ。薔薇科だけに、可憐に見えるものもあるが、優美で華やかな物が多い。

桜は古代から日本にあり、万葉集などにも謳われている。5000年もの間、日本人に愛された桜。桓武天皇の頃には“左近の桜”として尊ばれ、いまの雛飾りに伝えられている。

それだけに、桜の文字を冠詞に頂く名詞は数多い。桜餅・桜漬け・桜貝・桜鯛・桜海老・・・etc・・・。

しかも、桜と付くものは、日本人の殆どは、餅も、海老も、鯛も好き。

とくに、鯛は慶弔、吉事など、生活全般に登場する。

そのせいか、“鯛”と名の付く魚は100種以上もある。

ただし、一般的に名の知れた“鯛”で、本当に“鯛”を名乗る資格があるのは、真鯛・血鯛(花鯛)・黄鯛(連子鯛)・鱗子鯛・印度鯛(台湾鯛)くらいのもので、他はみんな『あやかり鯛』なのだ。

日本人は真鯛への愛着度はピカイチで、めでタイ日にはデ-ンと尾頭付きを奮発するのが、心意気ってなもんで・・・。

この真鯛の旬は春。

桜の季節、産卵期を迎える鯛は、深場から浅瀬に乗り込んで来る鯛(=乗っ込み鯛)は、冬の間に蟹や海老・鰯を腹一杯食べて身が充実、脂が乗り、婚姻色の桜色に染まって『桜鯛』と尊重され、珍重される。

文献として『古事記』の「海幸彦・山幸彦」のくだり・・・『万葉集』の「浦島太郎」のくだりなどに、春の鯛釣りの様が書かれている。

広島県辺りでは、桜の開花期に吹く柔らかな南風を「桜まじ」と言い、瀬戸内沿岸漁民にとって、鯛漁の好機を知らせる喜びの風だ。

鯛が、結納や結婚式などの目出度い儀式に欠かせないのは、鯛それの美しい形だけでなく、真鯛の夫婦は契りが堅く一婦一夫を守ると言う説(漁師の証言で、一匹掛かるとカップルのもう一匹も掛かる)に、あやかりタイらしい。

昔は、産卵で浅瀬に向かう鯛が重なり合い、まるで海面に島が出来たように見えたそうで、その現象を《魚島》と言った。また、広島県の野地沖辺りでは、深場から浅瀬に向かう鯛が、急な潮流の変化で浮き袋の調整が効かなくなり、海面に浮き上がる《浮き鯛》が見られた。

伝説では、古代に神功皇后が九州への出兵から大和への帰還途中、この野地沖を通過中に航海の無事と急ぎを祈念し、酒を撒いたら、無数の鯛が海面に浮き上がり船の航行を助けたと言う。これは、酒のご利益では無く、浮き袋が狂った《浮き鯛》の現象だったのだろう。

ともあれ、神功皇后は航海の神様として、大阪・住吉神社に詣で鯛を奉納、さらに神戸・生田神社では鯛のすり身を焼いた物(蒲鉾の原型と言われる)を奉納している。

助けられた・・・と、思っていただろう鯛、いかに神功皇后でも、この旬の旨い鯛をたべたに違いない。だから、すり身もあり・・・だ。さぞ旨かったろうと推測する。

長くなるので、話は何度かに分けよう。明日は日本人の常識=欧米人の非常識《鯛(魚)の目玉》について。興味のある方はご一読を。また、ご体験をお寄せ頂ければ幸甚。

2006年4月 2日 (日)

結納と桜湯

昨今は何もかもが簡略化され、結納も昔ながらの仕来たりや儀礼に法って行う人は少ない。

昔・昔は婿を迎える“婿入り婚”の名残と言われ、婿さんがこれから入る家に挨拶に行く儀式だった『結納』。

一時期、余りに無意味に形が豪華・・・派手になり過ぎた。結納の品がセットになり、何万・何十万円もした。使いもしない形だけのものに金を使う時代は終わった。

結婚する当人たちの反発もあって、簡素になってきた。

それでも、結婚する二人の両親同士も、婚約をキチンと認める意思表示の意味から、なんらかの形式的イベントは必要と、新しい形の結納が、それぞれに考えられている。

かつては、喜びの品として、『勝男節(かつおぶし)・壽留女(するめ)・子生婦(こんぶ)・共白髪(=麻紐)・末広(扇子)・酒・長熨斗』などを用意したが、目出度い意味を持たせた(こじつけた)品ばかりで、現代人にはピンと来ない。

そこで、指輪・時計などの品が交換の品のトップになってきている。

基本的には、男性側から《御帯料》として、金子と記念の品・・・女性側からはお返しで約半額の《御袴料》と記念の品を用意するのが一般的とされるが、それぞれの相談で、好きな記念品を交わせばいい。

せめての形に『桜の塩漬け』を入れた“桜湯”を。

御目出度の席に使われる“桜湯”は、八重桜の塩漬け(作り方は3月末の『桜湯』に)に湯を注いだだけのものだが、美しい花が開いたところを飲む“風流”がいい。

ちなみに見合いや婚約などの席では、花梗で繋がった2輪の花を入れ、それ以外は1輪だけ(アンパンの臍も1輪だ)。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ