« カレーの歴史 | トップページ | 最初に『海鼠』を食べた勇気ある者 »

2006年7月13日 (木)

コラーゲンで若返り?

栄養バランスは、いつも気にしているのだが、もっと脳を活性化させる“ブレイン・フード”を摂ろう。

ビタミンC・E、フラボン、グルタミン酸、ドコサヘキサエンサン・・・頭の中をカタカナが駆け回る。

そして、結論☆、コラーゲンとコンドロイチン。老化防止&美肌作り・・・これだ!

それらの宝庫は何だろう。

世界の美女が食べた品が分かればヒントになるかな?。

楊貴妃の“ライチ”、クレオパトラの“モロヘイヤ”・・・は、以前に取り上げたので、日本の古典美女・小野小町を調べてみた。

まずは、小町がモデルと言われる『玉造小野小町壮衰書』を開いたら、エッ熊の掌?。

この本に書いてあると言うことは、小町が食べた可能性が大きいのだ。

彼女が生きていた平安時代は、庶民は貧しく粗末な食事だが、貴族や官史たち上流階級は美味・珍味で食卓を賑わしたらしい。

小町は、出羽の国の郡司・小野良実の次女。姉が宮仕えに出て“小野の町”と呼ばれたので、その妹だから“小町”なのだ。

彼女も姉と同じく、女官になったそうだが、職種は采女(天皇の傍にいて、主として食事の世話)だったらしい。

天皇の傍で、食事の世話をしていれば、そのお下がりがあっただろう。

当時の『厨事類記』では、料理技術が格段に進歩し、煮物・焼き物・揚げ物・蒸し物・和え物など、いまの日本料理の原型が出揃っていたことが分かる。

そして、正月や儀式のある時には、大ご馳走が並ぶ。山海の美味・珍味、木の実・果物、餅菓子、そこに獣肉もあり、熊の掌も登場する。

熊の掌なら、あの傾国の美女・楊貴妃も食べただろう。

小町も天皇のお下がりを頂戴したに違いない。

Photo_376 編集者時代に何度か熊の掌は食べたが、プルプルしていたと言う印象より無い。

同じコラーゲンを摂るのなら、私は“鱶鰭”の方がいい。

アブラナ科の青梗菜(チンゲンサイ)は、ミネラル分も多いが、ビタミンCが豊富な野菜。

コラーゲンやコンドロイチンは、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収がいい。

チンゲンサイに鱶鰭スープをかけて、コラーゲン効果バッチリ。

老化防止で、少しは頭スッキリ、晴れ晴れするかなぁ・・・。

« カレーの歴史 | トップページ | 最初に『海鼠』を食べた勇気ある者 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ