« “ハゼ”は誰でも釣れる? | トップページ | すし が すき »

2006年8月31日 (木)

芋茎って知ってる?

Photo_388 この季節に思い出すのは芋茎・・・里芋の茎。蕗より太いくらいで、これが食べられる。

周辺の畑の里芋の葉が大きくなって、緑も濃くなっている。

そろそろ収穫も近いが、この里芋の大きな葉の茂りを見ると思い出す。

戦中・戦後の食糧難時代を体験された方の中には、つらい思い出に結びつくから、いまさら食べるのはイヤ・・・と言う方も多い。Photo_2

しかし、日本人は、古くから、芋だけでなく茎も珍重してきた。

里芋の原産は印度から東南アジアにかけてだが、日本には稲より早く、縄文時代には渡来していた。

大別すると、青茎系と赤茎系になり、ポピュラーなのは青茎系。

そして海老芋などの赤茎系は、芋の旨さもさることながら、茎も珍重される。

芋茎(ズイキまたはイモガラと読む)は、黒味がっかった赤紫色をしていて、生でも食べるが、干して保存食にする。

土地によっては、生の芋茎をズイキ、干した芋茎をイモガラと、読み分けることもあるそうだ。

この干した芋茎は、古代の雑兵たちや、旅人たちが縄のように綯って紐状にし、腰紐や荷紐にして出かけた。

食べ物が無くなると、この紐状の芋茎を少し解き、水に戻して煮たという。

初期の携帯食だったのだ。

芋茎はヱグミがあるをしてので、食べ慣れていないと、旨さを感じるより先に舌に痺れを感じることがあり、それっきり嫌いになる人がいる。

茹でる時は、たっぷりの水で鍋に蓋をしないようにすると、ヱグミが出難い。

酢の物や味噌汁に使うが、粉鰹煮はイケる。

ただ、最近では、大きな八百屋か乾物屋、自然食品店など、扱っている店が限られ、簡単には買えない上、戦中・戦後派から見たら驚くほどの値段になっている。

« “ハゼ”は誰でも釣れる? | トップページ | すし が すき »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ