« ドラゴン・フルーツ | トップページ | “貽貝”の意外な美味しさ »

2006年9月25日 (月)

香りでは負けても、味で勝つ“シメジ”

Photo_359 松茸が香りなら、シメジは味で勝負。とくに取れたてほど味がいい。

『香り松茸 味シメジ』と昔から言われている。

湿った土地を好むので“湿地(しめじ)”と言う・・・と言われたが、実は乾燥している土地の方が好みのようだ。

一面に生えるから“占地(しめじ)”だと言う説もある。

千本シメジ、百本シメジ、大黒シメジ、株シメジ・・・と種類も多い。

最近は、白いシメジも登場し人気が出ている。Dsc02645

雑木林(広葉樹林)か、松の混生樹林に、沢山が一株になって生える。

軸は白くて下部がふくれているのが特徴。

近年は栽培が盛んで、通年、店頭に並んでいるが、いまが旬に入る天然物の味は格別だ。

傷み易くて輸送が難しいから、都市部ではなかなか手に入らないが、山間部の“道の駅”などに出ることがある。

吸い物、炒め物、焼き物、煮物、炊き込みご飯、酢の物やサラダなど使いみちが多い。

市販の栽培平茸は、傘が脆く壊れ易いので中火以下の調理が無難。

« ドラゴン・フルーツ | トップページ | “貽貝”の意外な美味しさ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ