« “薩摩芋”は栗より旨い十三里 | トップページ | “名月”と“満月”の違い »

2006年9月14日 (木)

芋名月に“衣被(きぬかつぎ)”

旧暦8月15日は仲秋の名月、つまり十五夜。Dsc02399

で、この十五夜を別名“芋名月”と言う。

十五夜には、団子(小餅)と衣被(きぬかつぎ)を供える。

つまり、仲秋の祝いは収穫祭でもあるからだ。

この時季に一番美味しい衣被は、里芋の小芋のこと。

里芋は、山芋に対応する呼び名で、旧くは“家つ芋”と言った。『万葉集』などにはそう詠まれている。

熱帯アジアの原産で、中国を経て渡来。赤茎系と青茎系がある。

蒸し上げて、頭を少し切り落として塩を振り、下半分ほどを摘むと、柔らかい外皮からツルリと白い小芋が飛び出してくる。

平安時代の高貴な婦人が、外出する時に顔を隠すために被った一重の小袖・・・薄い衣を被った白い顔・・・衣被、なんとイマジネーション豊かなネーミングではないか。633

シンプルに蒸したのが美味しいが、葱などとの含め煮や、棒鱈との“芋棒”、蛸や烏賊との旨煮、おでん種や汁の実もいい。

串に刺して味噌を塗って焼く田楽も美味しい。

さて、十五夜の供えだが、三方に団子と衣被をそれぞれ乗せるが、乗せ方は、平年なら12個、閏年なら13個をピラミッド形に重ねて、月に向けて並べて供える。

雨模様の天気続きで、明日の十五夜も心配だ。

数日ぶりに陽射しはありそうだが、果たして名月は顔を見せてくれることやら・・・。

« “薩摩芋”は栗より旨い十三里 | トップページ | “名月”と“満月”の違い »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ