« 土の中から木の実?『落花生』 | トップページ | 天婦羅には“芝海老” »

2006年10月29日 (日)

親より子が珍重される“鯔”

鯔(ぼら)、鰡とも書く。

成長するにつれ名前が変わる出世魚。

この魚、変な習性があって、小さいうちは泥を食べる。だからどうしても泥臭さが気になる。

大型になると、その癖もおさまるのか、泥臭さの心配は無くなる。

大きなものなら、洗いや刺身でも食べられる。

秋から冬にかけて、目の上に脂瞼と呼ばれる脂質の膜が出来るので、目が白濁したように見える。

それだけ脂が乗っている証拠で、一番美味しい時季だ。

臍と呼ばれる胃の幽門部は、焼いて粉山椒を振って食べると、なんとも珍味。酒肴にピッタリなので、捨てずにお試しあれ。

Photo_330 さて、親の鯔より珍重され、希少・貴重なのが卵巣で作られる『カラスミ』。

唐から伝来した書道用の墨に形が似ているから付いた名だそうだ。

江戸時代から、すでに「天下の三珍味」といわれ、高級食材だったが、いまでもそれは変わらない。

« 土の中から木の実?『落花生』 | トップページ | 天婦羅には“芝海老” »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ