« 香りは期待しないで“西洋松茸” | トップページ | 身ぐるみ剥がされ“カワハギ” »

2006年10月 1日 (日)

名前で損した“疣鯛”

Photo_354 疣鯛(いぼたい)、真名鰹(まなかつお)科に属すだけに、並の鯛より味わいがあり美味しい魚だ。

ただ、名前が良くない・・・どうもイメージが悪いらしく、高い評価が得られない。

そのせいか、通称“エボダイ”と訛ったまま呼ばれることが多い。

体形は幅広で平たい。鼻先が丸く、口が小さく、結構可愛い。

鉛色の皮は成魚でも17~18センチ程度にしかならない。

煮魚、焼魚、白味噌に漬けた“西京漬け”にして焼くと絶品。

椀だね、ちり鍋、ムニエル、フライ・・・なんでも美味しいのだが、皮が傷つき易いため、殆どは生で売られず、干物に加工される。

« 香りは期待しないで“西洋松茸” | トップページ | 身ぐるみ剥がされ“カワハギ” »