« “蕪”の親戚は? | トップページ | 親より子が珍重される“鯔” »

2006年10月28日 (土)

土の中から木の実?『落花生』

一般的に“ナッツ”とは、木の実や草の実、果物も含めての総称。Dsc02808

しかし、“ナッツ”として普及しているのはピーナッツだろう。

ただ、このピーナッツは、ナッツと呼ばれながらも、実は地上に実らず、地下に莢を作るのだ。

豆科の一年草本で、花はふつうに地上に咲くが、受粉すると子房の基部分が長く伸びて地中に入り込み、そこで結実する。

それで“落花生”とか“地豆”と呼ばれる。

Dsc02804別には“南京豆”とも呼ばれるが、中国を経て渡来したからで、原産地は中南米だ。

『食べ過ぎると、鼻血が出る』と言われるくらい、栄養価が高い。

日本では、千葉県が主産地で、とくに八街が有名だ。

炒り豆で食すのが一般的だが、擂り潰して和え物やピーナッツ豆腐にするのもいい。

菓子の材料にしたり、ピーナッツバターで香ばしい風味を楽しむのも・・・。

« “蕪”の親戚は? | トップページ | 親より子が珍重される“鯔” »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ