« 身ぐるみ剥がされ“カワハギ” | トップページ | オデコで胴長?、つぶらな瞳が愛嬌の“アマダイ” »

2006年10月 4日 (水)

折詰め用に“連子鯛”

Photo_350 日本には、名に“鯛”と付く魚が数多いが、その殆どは鯛科ではなく、所謂『あやかりタイ』。

ただし、この連子鯛、形こそ小形で、真鯛や血鯛より幾分の格落ちはするが、正真正銘の鯛!。

和名は黄鯛(きだい)。

四国から九州にかけて漁獲が多く、赤鯛として通用している。

Dsc00425_3 折詰めなどに“尾頭付き”として、デ~ンと納まっているのは殆どがこの連子鯛だ。

塩焼き、煮付けでたべるが、漁れたて新鮮なら刺身もいい。

炊き込み飯も美味しいのだが、骨がコワイので、三枚におろし小骨はとって置く。

粗で出汁を取り、半身は削ぎ切りに、あと半身はそのまま乗せて炊き込む。

安心して食べられる“鯛飯”だ。

なお、折詰めに入っていて、冷めて味の落ちたものは、煮浸しにすると美味しく復活する。

« 身ぐるみ剥がされ“カワハギ” | トップページ | オデコで胴長?、つぶらな瞳が愛嬌の“アマダイ” »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ