« “歳夜祭”にはナマハゲが来るぞ! | トップページ | 除夜の鐘 »

2006年12月30日 (土)

長命の願い《年越し蕎麦》

明日はいよいよ大晦日、ジタバタしても残り一日となれば、開き直りの根性。

出来なかった掃除や書類整理は、年が明けてから考えよう(と、言って数年も持ち越していたりするが)。Dsc03529_1

《行事食》という言葉までがあるほどに、年中行事に食べ物が付いて回るのが常。

大晦日の“年越し蕎麦”も、そんな行事食の一つだろう。

京都辺りでは“晦日(つごもり)蕎麦”、東北地方の一部では“運(気)蕎麦”などと言う。

ただ、各地共通しているのは「年越しに蕎麦を食えば運が開く(または長命になる)」と言った俗信。

これには諸説あって、細く長くと蕎麦の形状からきた説。

三角形は邪気を払い縁起がいいと、蕎麦の実の形状から言われる説。

金銀細工師が、金箔を延ばす時に散らばる金銀粉を寄せ集めるのに蕎麦粉を用いたから、金に縁あるとする説。

鎌倉時代に博多・承久寺で振舞った『世直し蕎麦』が、習いとなったという説。

まだまだ諸説紛々というほど言い伝えはある。

習慣として定着したのは、江戸時代と思われる。

夜遅くまで、何かと多忙な大晦日・・・やっと年内の仕事を終えて、亭主は“年越し蕎麦”を食べながら、仲間と一杯(当時は蕎麦は“蕎麦屋”で食すものだった)の息抜き。

亭主が蕎麦屋にいる間に、女将さんは「ヤレヤレ・・・」と、腰を伸ばして一年が終わる。

夫の友人が、定年後“蕎麦打ち”を趣味にして、我が家にも30日の午後と言うと届けてくださる。

7年ほど前は、ポロポロと切れ易く、太さも長さも不揃いだったが、かなり上達してきたようで、つなぎを使わないと言うのに、しっかりした蕎麦が打てている。

蕎麦は「引き立て・打ちたて・茹で立て」と言われるが、十和田の蕎麦粉100%で打った蕎麦は明日でも香りよく美味しい。

と言う訳で、我が家は今夜は“年越し蕎麦イヴ”、明日が“年越し蕎麦”と相成る。

« “歳夜祭”にはナマハゲが来るぞ! | トップページ | 除夜の鐘 »