« 鮫の「飯寿司」を食べ損ねた | トップページ | 温泉《ゆかり》の“ゆかり蕎麦” »

2007年1月23日 (火)

土用蜆より美味“寒蜆”のご飯

Photo_218 蜆貝が肝機能を向上させるとは、広く知られている。

蜆貝は良質の蛋白質を含み、ビタミンB郡が豊富で肝臓の健康に効果がある。とくに夏バテ回復にいいと昔から言われてきた。

『土用蜆は腹薬』と信じられて、鰻とともに“土用”に欠かせない食材だと言われていた。

しかし、実は、美味しさの点では、“土用蜆”より“寒蜆”に軍配が上がる。

淡水、または汽水産の2枚貝で、全国的には何処の河川や湖でも採れる。

泥地のものは黒っぽくて大粒、砂地のものは茶色っぽくて小粒・・・味は砂地物の方がいいとされる。

真水に漬け、水を換えながら一晩ほど砂を吐かせる。014_1

沸騰した湯に貝を入れると、瞬時に貝が開き、身離れがいい

煮過ぎると身が固くなるので、直ぐに取り出して使う。

汁物なら、貝を取り出したあとの汁に塩か味噌などで調味し、先にお椀に入れておいた身に調味した汁を注ぐ。薬味は葱や粉山椒。

婆ァバの蜆飯017

  • 一晩砂出しした蜆は、熱湯に入れて、サッと茹でる。
  • 身離れが良くなるから、貝から身を取り出す。
  • 洗った米に塩調味し、出し昆布(10センチ角)を入れ、蜆の茹で汁を分量入れて普通に炊く。
  • 青菜(絹さや、小松菜・・・適宜)を塩湯でして細かく刻んでおく。
  • 炊き上がったご飯に、昆布の刻んだもの、青菜、蜆の身を入れて混ぜ合わす。

蜆の吸い物(味噌汁でも)や、青菜のお浸しの一品でもあれば、栄養充分の健康食。

« 鮫の「飯寿司」を食べ損ねた | トップページ | 温泉《ゆかり》の“ゆかり蕎麦” »