« 黒豆から“チョロギ”が消えた | トップページ | 和食・会席のマナー »

2007年1月 7日 (日)

“七草粥”で胃の癒し

正月料理を食べ過ぎて、少し疲れ気味の《胃》には、7日の朝の“七草粥”が嬉しい。

せり なづな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ これぞ七草 Photo_248

南北朝の歌人・四辻左大臣が詠んだと言われるが。

昔は春に野に出て、やっと芽を出した野草を摘むのが、貴族たちの楽しみだったようだ。

もっとも旧暦の七草は、いまの2月下旬(今年は2/24日)、若草も芽を出していただろう。

いまでも、7日に若い野草で粥を炊いて食べる“七草粥”の習慣は残っているが、その前日に粥に入れるための摘み草をすることは無くなった。

その代わり、近年では、デパートやスーパーで、七品揃えのパック入りが売られていて、これが好評だという。

諸説ある“七草粥”の習慣だが、どれが正解かは確定されていない。

  • (せり)=水湿地を好む多年草。香味が強い。
  • ナヅナ=生長したものは“ペンペン草”と呼ばれる。越年草。
  • 五形(ごぎょう)=母子草とも言う。葉は白いフェルト状の毛に覆われていて、味は~イマイチ?。
  • 繁縷(はこべら)=ハコベとも言う。産婦の乳の出が良くなると言われる。
  • 仏の座(ほとけのざ)=菊科のタビラコのこと。
  • (すずな)=鈴菜とも書く。いまでは蕪のことを指すが、江戸時代までは水菜や京菜のことと言われた。
  • 蘿蔔(すずしろ)=大根のことだとされている。

簡単七草粥021

  • 土鍋に、洗った米1カップに対して、水を4倍入れて(あれば出し昆布も入れるとさらにGOOD)強火に掛け、沸騰してきたら弱火にして30~40分煮込む(4倍の水加減は全粥程度=写真・中。水を増やせば薄い粥になる)。
  • お粥を煮込んでいる間に、七草は塩少々を入れた湯でサッと茹で、細かく刻んでおく。
  • お粥が炊けたら、塩一つまみと醤油少々で調味。
  • 刻んだ七草をお粥に混ぜ込み(写真・下)、器に盛ってOK(写真・上)。

好みで、お粥の仕上がり際に餅を入れたり、出来たお粥に胡麻や柚子など振りかけてもいい。

ちょっと青臭いような、萌え出たばかりの緑の香りが、子供の頃に原っぱの叢に寝転がったような懐かしさ・・・胃に優しい七草粥は、思い出に繋がる心にも優しい癒し食かもしれない。

« 黒豆から“チョロギ”が消えた | トップページ | 和食・会席のマナー »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ