« 新酒で「雪見酒」は熱々“餡かけ” | トップページ | “寒鰆”の酒蒸し »

2007年2月12日 (月)

“蕗の薹”の苦味が脂肪緩和

ほろ苦き 恋の味なり 蕗の薹  (久女)030

早春の味の代表格、蕗の薹。

雪融けを待ちかねて、土手や庭先に顔を出す蕗の蕾=蕗の薹。

萌黄色のふっくらした愛らしい姿が、春の到来を告げる。

その蕗の薹も、暖冬の影響で、例年より早く芽を出し、開くのもトウが立つのも早いそうだ。

摘みに行く予定のある方、お早目が良さそう。

蕗の薹は、特有のほろ苦さと、すがしい土の香りが身上で、昔から食用・薬用に摘まれてきた。

一般に、早春の野草はアク味が強く、苦味も香りも強烈だが、それは逞しい生命力の証し。

そのアク味や苦味こそが、冬場に蓄えられた体内の塩分や脂肪を和らげ、新しい活力を生み出す源になる。

蕗の薹は蕗の花の蕾で、通常に蕗と言われるのは葉茎だ。

食用には、蕾が開く前のものが美味しい。

刻んで、汁の実や蕗味噌に、丸のまま精進揚げや田楽にする。

私の住む周辺には、蕗の薹が芽を出しそうな場所は無いが、身近に蕗があるところに住んでいたら、探しに行くのも楽しいだろう。

そんなことを思っていたら、昨日の昼、食事に行った近所の天婦羅屋で、蕗の薹が丸のまま揚げられて出た。130

貴重な、一個・・・ほろ苦味が、やけに旨味に感じられた。

また、蕗の薹の幾つかを、烏賊や他の野菜などと共に細かく切って“掻き揚げ”にすれば、少しの蕗の薹も、ボリューム感のある天婦羅になる。

薬用には、干して煎じて飲むと、咳止め効果があるという。

蕗はキク科の多年草で、日本特産野菜だ。

種子がタンポポのように飛び散るので、「吹雪=ふぶき~フキ」になったという説があるが、諸説あって決定は無い。

花言葉は『公平な判断』。

« 新酒で「雪見酒」は熱々“餡かけ” | トップページ | “寒鰆”の酒蒸し »