« “眞子鰈”は一番鰈らしい味 | トップページ | 時季の「公魚」は揚げるのが一番 »

2007年2月 1日 (木)

「イイダコ」も小さな悪魔なの?

春の声を聞くと“イイダコ”が店頭に見られる日が多くなる。

イイダコの煮物Dsc03694_1

  • イイダコは塩で軽く揉むようにして、水洗いする。
  • イイダコを出汁・醤油・酒で煮て、火が通ったら取り出し、その煮汁で下茹でした野菜を煮る。
  • 野菜に味が付いたら、イイダコを戻し、全体にサッと煮る。Dsc03692

日本人は蛸が好き。

放映中のNHK朝ドラマ『芋たこなんきん』で分かるように、特に女性の好物として、江戸時代から挙げられている。

そんな蛸も、西欧ではデビル(悪魔)扱いだ。

同じ軟体動物でも、烏賊以上に嫌われていて、食用なんてとんでもない国が多い。

「蛸の八っさん」などといわれて、日本ではユーモラスな道化師扱いだが、処変われば・・・である。

ただ、軟体動物の中Dsc03694では、蛸や烏賊は高等な方だという。

頭足類とい われるように、頭から足が生えているように見えるが、頭だと思っている部分は実は胴体なのだ。2_15

だから、此処には卵も詰まっている。

今からが旬の“イイダコ”は、マダコが全長60センチ~になるのに、僅か20センチ前後にしかならない小振りな蛸だ。

そんなに小さくたって、しっかり大人なのだから、メスの胴中(アタマと呼ばれる部位)には米粒のような卵がギッシリ詰まっている。 この卵の粒々感が“イイダコ”の命。

イイダコは飯蛸と書くのも卵の粒々がご飯のようだということからだ。

別名、子持ち蛸、石蛸、一口蛸などとも言うが、やはりイイダコ=飯蛸が一番特徴を現しているようだ。

丸ごと醤油で煮る、ゆでた里芋や大根と焚き合わせる。

飯蛸の ひとかたまりや 皿の蓋 (夏目 漱石)

酒肴には持ってこいで、愛好家は多い。

« “眞子鰈”は一番鰈らしい味 | トップページ | 時季の「公魚」は揚げるのが一番 »