« 春は貝“浅蜊”でブイヤベース | トップページ | グルメ取材って美味しい? »

2007年2月20日 (火)

オカヒジキの歯触り

オカヒジキは、本来は春から初夏が旬だが、気候が似ている秋にも出回る。

オカヒジキと浅利の芥子和え(2人分)593

  1. オカヒジキ(150g)はたっぷりの熱湯で、色よく、サッと茹でて、水に取り、水気を絞ってザク切り。醤油(あれば薄口)少々を振りかけて下味を付けておく。
  2. 浅利の剥き身(50g)を、薄い塩水で洗い、水気はキッチンペーパーなどでしっかり取る。
  3. 鍋に下味用の酒(大1)を煮立て、2の浅利を入れて、身がふくらむまで煮て、浅利を取り出し冷ます。
  4. ボウルに練り芥子少々を入れ、味醂(小1)と薄口醤油(大1)を加えて溶きのばす。
  5. 4に、3の浅利と1のオカヒジキを入れて和える。

Photo_192 アカザ科で、原産地はアジア。日本でも海岸の砂地などに自生していて、江戸時代にはすでに食べられていたと記述がある。

山形県では、かなり以前から栽培されていて、県の特産品になっている。

葉と茎を食用にするが、シャリッとした歯触りと、独特の風味が通人好みの野菜。

葉の形が海藻の“ヒジキ”に似ているから、この名が付いた。『陸鹿尾菜』と書いてオカヒジキと読む。

カロチンが豊富で、ビタミンやカルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル分が多い栄養価の高い野菜。食物繊維も多い。

和え物のほか、サラダや天婦羅に。

« 春は貝“浅蜊”でブイヤベース | トップページ | グルメ取材って美味しい? »