« 「新酒粕」の季節だ | トップページ | 優美な“針魚”は腹黒い »

2007年2月25日 (日)

“芹”の香り

Photo_188 “芹(せり)”は、独特の香りと歯応えで、古くから愛好家が多い。

春の七草の一つとして知られ、『万葉集』などにも詠まれていることでも、古くから親しまれている野菜だということが分かる。

日本原産の野菜で、平安時代にはすでに栽培が始まっていた。

田の畦などに自生もしているが、近年の市場に見るのは施設栽培されたものだ。

香りが強いが、この香りの成分は精油で、これが食欲を刺激する。

自生の露地物はカロチンやビタミンB1・Cが期待できるが、施設栽培物にはあまり栄養素を期待しないほうがいい。

ただ、どちらも利尿効果があり、常食することで保湿効果があると言われる。

アクが強いので茹でたら水に取ったほうがいいだろう。

香りと歯触りを活かして、お浸し、和え物、汁の実に使う。鍋物の青味としてもいいものだ。

今日は、誰でも出来る和え物・・・手抜きのようだが、一番好きな芹の食べ方なのでご容赦を。

芹の胡麻和え(2~3人分) 205

  1. 芹(1束)は根を取り、洗って熱湯で茹で、冷水に取って冷まし、水気を絞り4~5センチ程度に切る。
  2. 出汁、醤油、味醂を各1:1:1の分量で混ぜ合わせる。
  3. 2の半量を下味として1を和え、10分ほどそのまま置いて、味が馴染んだら汁気を軽く絞る。
  4. 2の残る半量に切り胡麻(10g)を加えて3を和える。

« 「新酒粕」の季節だ | トップページ | 優美な“針魚”は腹黒い »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ