« 優美な“針魚”は腹黒い | トップページ | “笠子”は頭に棘 »

2007年2月27日 (火)

“菜の花”の蕾を食べる

Photo_186 ♪菜の花畑に入り日薄れ 見渡す山の端 霞深し~~~。

菜の花が平年より早く満開を迎えているようだ。

東京の私鉄駅などで、ホームの後ろや線路沿いに、菜の花をたくさん植えているところがあるが、菜の花に限らず、花が一杯の駅はラッシュ時の喧騒も和むようでいいものだ。

さて、花や蕾を食べる料理はけっこうあるが、春の色と香りが楽しめる菜の花もいろいろな料理に使われる。

花が咲き始めてきたものは綺麗に見えるが、食用には蕾が堅く、葉が黄ばんでいないものを選びたい。

店頭で、萎れて見えても、切り口がしっかりしてさえいれば、水に放しておくとシャキッとする。

茎の固い部分は除いて茹でたら、和え物、炒め物、汁物に使う。Dsc00477

汁の実にする時は、豆腐やハンペンが合う。紅白のアラレハンペンを使うと料亭風かも。

刻んでご飯に混ぜ込んでも春らしい。

天婦羅には生のままで・・・。塩漬けした“菜の花漬け”も風雅なものだ。

ブロッコリーなどもそうだが、蕾を食べる野菜は、野菜自体のもつ活力を食べることだ。

これから育ち咲くエネルギーが満ちている。

そんなミネラル豊富な菜の花、今年は平年より幾分は安めだそうだ。

菜の花と豚肉炒め芥子添え(2人分)196

  1. 茎の固い部分を除いた菜の花(1束)を、熱湯でサッと茹で、笊に上げて冷ます(水に取らなくてもいい)。
  2. 豚肉(80g、細切れでOK)は一口大に切る。
  3. フライパンに油少々を熱し、皮を剥いて千切りにした生姜(1/2片分)と、2を入れ、広げるように強火で炒める(あまりガシャガシャ掻き混ぜない)。
  4. 豚肉に火が通ったら、1を加え、塩一つまみを振り、ザッザッと大きく炒め合わせる。
  5. 菜の花が熱くなったら、酒(大1/2)を回し入れ、手早く全体を混ぜる。
  6. 器に盛ったら、溶き芥子を添える。

« 優美な“針魚”は腹黒い | トップページ | “笠子”は頭に棘 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ