« “木の芽”どき | トップページ | 海の野菜“鹿尾菜(ひじき)” »

2007年3月29日 (木)

“太刀魚”の南蛮漬け

長くて、平べったくPhoto_53て、幅広く、その上銀白色・・・この魚の体形は文字通り太刀に似ている。

皮肌の銀色が光る“太刀魚”。

福島辺りでは“サワベル”と言うが、洋刀のサーベルから連想したものだろう。

別の説では、海中で頭を上に立っているように縦に泳ぐから“立ち魚”だと・・・。

体色はキレイなのだが、容貌はといえば、口が大きく裂けて、歯が鋭く、ひとたび餌を銜えると決して放そうとしない。386

“太刀魚”には鱗がなく、グアニン質という物質が銀箔をおいたような皮肌が特徴。

この銀箔のような物質を集めて、セルロイド溶液に混ぜ合わせ、ガラスやプラスチックの玉に塗ったものが【模造真珠】なのだ。

また、この物質は化粧品のパール光沢としても使われる(パール系の化粧をしていると、「あ、太刀魚」な~んて)。

成魚は脂肪に富み、骨離れもよく、食べ易くて美味しい魚だ。

照り焼き、塩焼き、煮付けのほか、バターソテー、クリーム煮にも。

獲れたて新鮮なものなら刺身も美味しい。

三枚下ろしにして、フライや天婦羅、唐揚げもいい。揚げてから南蛮漬けにしたものは逸品だ。

揚げ太刀魚の南蛮漬け390

太刀魚の美味しさ新発見。

  1. 醤油と酢(5:1)を好みの酢加減に合わせ、玉葱薄切りや人参千切り、水菜(またはピーマンなど)を漬ける。
  2. 太刀魚はフライパンに、炒めるよりは多い目の油を入れ、片面ずつ焼くように揚げる。
  3. 2が熱いうちに1に漬ける。
  4. 30分くらいから食べられるが、半日ほど置いた方が味が馴染む。

※太刀魚の三枚下ろしが出来なければ、店の人に頼もう。ちょっと頼み辛かったら、骨付きのまま揚げて、食べる時に気を付ける?。

背鰭と腹鰭に添って、中骨まで上下から包丁を入れ、あとは中骨に添って身を外す。片面も同様に。悩むより簡単かも知れない。

鯵や公魚の南蛮漬けもいいけれど、太刀魚の南蛮漬けは一度は試す価値ありだ。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

どちらかをクリックしてください。

« “木の芽”どき | トップページ | 海の野菜“鹿尾菜(ひじき)” »