« 猫たちの恋唄 | トップページ | 雛祭りの「蛤」 »

2007年3月 2日 (金)

“金柑”は一番小さな柑橘

Photo_183 庭先に柑橘が実って、陽光に輝いているのが宝石のように美しい。

多種多様な果物の中で、柑橘類は処女生殖のおかげで、さらに各種各様に子孫繁栄を続けて来た。

処女生殖とは、もともと果実に宿した無性の種子が播種されて成長すること。

胚芽のある種子は、花粉が無くても(受粉しなくても)芽を出し、実生の木になれる。

こうした“聖なる果実”とも言える神秘さで、太古から繁殖し続けてきた。

とにかく種類の多い柑橘類の中で、一番小さなのが“金柑”だ。153_2

黄金色の卵形をした可愛い実は、他の柑橘と異なり皮を食べる。

この皮には、現存する世界の果実の中ではビタミンCの含有量が一番多い。

昔の童歌に、

♪マンジュウもろたら皮あげよ

キンカンもろたら実をあげよ~♪

というのがある。皮を食べるのが金柑なのだ。

激しい運動をした後は、数粒の金柑。口中サッパリで元気も百倍。

208 風邪を引いた時も数粒の金柑。咳止めには蜂蜜と一緒に摂れば喉快調。

ストレスからくる胃痛にも緩和効果があるそうだ。

金柑の甘露煮は、皮に切り目を入れて、種を丁寧に抜きさえすれば簡単。シロップごと瓶に詰めておこう。

今回作った甘露煮は、形が少し崩れた。わざわざ紹介する出来ではなかったので、甘露煮紹介は止めて、違う【キンカン】を作ってみた。

卵黄で作るキンカン

  1. まず、温泉卵を作る。68℃の湯に、卵を入れて保温しながら25分くらい漬けて置く(これも面倒なら、市販品を)。
  2. 1の卵の殻を剥き、水の中で、卵黄を壊さぬように気を付けながら、卵白だけを取り除く。
  3. 白味噌に煮切った酒を3:1に混ぜ、卵黄が入るくらいの窪みをつけ、ガーゼを広げて2の卵黄を入れ、ガーゼを被せて味噌を薄く乗せる。
  4. 1晩以上2日くらいが食べ頃。

※残った白身は、勿体無いので捨てずに、笊にキッチンペーパーを広げて水気を切り、サッと炒めて水分を飛ばし、和え物やサラダに使って・・・。

時間はかかるが、手間は掛からない。来客用になる珍味だ。

白味噌なら薄味に漬かるが、赤味噌を使えば濃い目でキッチリした味になる。

« 猫たちの恋唄 | トップページ | 雛祭りの「蛤」 »