« ♪桜、いま咲き誇る「桜アンパン」 | トップページ | ♪桜ひらひら、舞い降りて落ちて~ »

2007年4月 4日 (水)

桜の時期の“桜鯛”

440_2 

Photo_86 「めでタイ・ありがタイDsc03491・たべタイ」のが、日本人と鯛の関係。

鯛を喜ばないなんて、日本人じゃないとまで言われる。

だから「あやかりタイ」も多くて、○○鯛と、名に鯛が付く魚は100以上もある。

しかし、本当に鯛を名乗れる分類上タイ科に属すのは、真鯛、血鯛(花鯛)、黄鯛(連子鯛)、ヒレコダイ、印度鯛(台湾鯛)くらいなのだ。

普通にタイと呼ぶのは真鯛で、とくに桜の時期の「目の下一尺もの(体長約40センチ)」は、“桜鯛”と呼ばれて珍重される。

この時期の鯛は、産卵を控えて、体色が桜色の婚姻色に染まり、脂の乗りも良くて味がいいのだ。

刺身、昆布締め、塩焼き、煮付け、蒸し物、酢の物・・・どう料理しても旨い魚である。

目の下一尺・・・なんて大きなものでなくてもいい。

小振りの鯛のほうが扱い易いこともある。お手頃価格で買えたら、食べたいご飯。

鯛の炊き込みご飯Dsc00425_2

  1. 鯛は3枚下ろしにして、(頭は兜煮でも)骨などのアラで出汁を煮出す。
  2. 身は焼いてから、腹骨と小骨を抜き1枚は残して、1枚は身を解す。
  3. 米を洗い、1の出汁で水加減をして、解した鯛の身、シメジ、千切り人参などを入れ、塩少々で調味して炊き上げる。
  4. 炊き上がりに、刻み海苔や青紫蘇を散らし、2で取っておいた片身を乗せる。

※鯛などを、魚屋さんに「三枚おろしにして」と頼んだら、ついでに「頭は兜煮用に割ってね」と笑顔で頼もう。

頭を割るのは大変な作業。女手では出刃包丁と金槌・・・コワイ場面が展開される。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

どちらかをクリックしてください。

« ♪桜、いま咲き誇る「桜アンパン」 | トップページ | ♪桜ひらひら、舞い降りて落ちて~ »