« “イシモチ”は何処に石を? | トップページ | 陸奥湾の“桜蟹=トゲクリガニ” »

2007年4月16日 (月)

「筍ご飯」と「筍と高菜漬けの炒め物」

Dsc00653_1

出盛りの筍、13日に『新筍と鶏ツクネ煮』で薀蓄や、茹で方・用い方は書いた。

その時の筍の根元部分は、容器に水を入れて浸けてあるが、それを使って定番の“筍飯”を。

ば~ばの簡単筍ご飯457_1

筍の根元(約4センチほど)の薄く切りと、油揚げ(1枚)の細切りは、酒と三倍濃縮麺つゆ(各大1)を絡めて下味を付けておく。450 452

米(2合)は、出汁(300cc)、酒(30cc)、三倍濃縮麺つゆ(30cc)で目盛りまで不足分は水で合わせる。

  • 下味を付けておいた筍と油揚げを乗せて普通に炊く。
  • 人参を花形に抜き、薄切りして塩茹でしておく。
  • 炊き上がったご飯を混ぜ、人参を散らし、あれば木の芽や絹サヤを飾る(マ、これらは無くてもいいのだが)。

筍が本格的に伸びてくると、産地で水煮されたものが出回る。

時間を経ずに茹でられる分、いまの時期なら、生で買わなくても、新物の水煮でも充分に美味しい。

筍ご飯、オカカたっぷりの土佐煮、若布と焚き合わせた若竹煮、天婦羅・・・すでに、いろいろ楽しまれただろう。

いつも同じような食べ方では・・・そう思う頃に作りたい美味しいもう一品を。

ちょっと変わった味が、ご飯にも酒にも合う。目先の変わる一品だ。

揚げ筍と高菜炒め396_3 (2人分)

  1. 処理済みの、小さめの筍(2本)は、縦に6つ切りして、水気を良く拭き、160℃の油で色が付くまで揚げる。
  2. 鶏ガラスープ(50cc)に塩・胡椒(各少々)を混ぜて、合わせ調味料を作っておく。
  3. 葱(1/2本)は粗く微塵切り、高菜漬け(25g)は細かく刻んで水に浸け、軽く絞って塩抜きする。
  4. 鍋にサラダ油(大1/2)を熱し、3を炒め、1と2を入れて、汁気が無くなるまで炒める。
  5. 仕上げに胡麻油を数滴加えて、一混ぜする。

※筍が大きめの時には、適当な大きさに切って、同じように使う。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

どちらかをクリックしてください。

« “イシモチ”は何処に石を? | トップページ | 陸奥湾の“桜蟹=トゲクリガニ” »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ