« “隠元とブロッコリー”で胡麻納豆和え | トップページ | “ラディッシュ”を添えたカジキソテー »

2007年5月19日 (土)

お茶を飲んだら、茶殻で惣菜

584_2 新茶の季節に、先日はナベショー様の丹精したお茶を分けて貰った。

『茶初穂を飲むと憎まれる』という諺がある。

初穂とは、元来はその年に初めて実った稲の穂のことだが、他の農作物にも使われることがある。

だから“茶初穂”といえば、当然ながら新茶のことだ。

新茶は貴重で美味しいから、こんな諺が生まれたのだろう。

お茶の本当の旨味は、それぞれに御茶屋がブレンドした物を“蔵出し茶”とか“口切り茶”として売り出す9月だという茶通もいる。Dsc02398

そうは言っても、こんな諺があるくらいなのだから、新茶の味わいは貴重に違いない。

お茶は、日本人の生活に欠かせないものだった。

『日常茶飯事』という言葉は、日常(ふだんの日々・毎日)に茶飯(茶を飲み、飯を食べる)、そんな当たり前の事という意味だ。

“水飯事”でもなく、“湯飯事”でもない。ましてや“酒飯事”などありえない。

生きていくために食べる。そんな大事な行為に、お茶がくっ付いているところが重要なのだ。

日本人が三度三度の食事のあとに、お茶を欠かさなかったのは、とても科学的なことだった。

まずは、①過食防止=食事を腹八分で止めても、満腹感が得られる。

次に、②お茶のタンニンが、解毒作用をして、食中毒予防になる。

そして、③口中が爽やかになる。

また、④虫歯の予防、茶葉のフッ素がが歯を強化し、タンニンが殺菌する。

締めは、⑤茶葉にもサポニンが含まれるが、この成分は石鹸効果で脂肪汚れを落とす。

子供にお茶うがいを奨めるのは、この④と⑤の効果による。

茶祖と呼ばれる栄西の著『喫茶養生記』のはじめに、「茶は養生の仙薬であり、人の寿命を延ばす妙術をそなえたものである」と・・・。

北大路路山人は「料理とは、理(ことわり)を料(はかる)ことなり」、つまり道理を守り、従ってこそ美味しい料理だと。

この言葉を借りれば、栄西曰く「茶とは、生(いのち)を養(やしなう)ものなり」ということだろう。

そんな薬効のある茶葉を、出がらしだからと、捨てるのも勿体無い。

まして、新茶の葉は柔らかい・・・そこで、新茶を二煎ほど楽しんだあとの茶殻で惣菜を作ってみた。

静岡焼き

こんな名の料理は無い、無いが“茶葉+桜海老+鰹節(けずり)”と、静岡産の素材を組み合わせたので、私が勝手に命名。090_1

茶殻と桜海老、おかか、胡麻、卵、醤油と酒少々、小麦粉適宜を混ぜてフライパンで両面焼く。

微かにほろ苦さはあるが、お茶の香りも残って、桜海老とオカカ、胡麻の香ばしさがいける。

茶葉とゴーヤ、ホウレン草茎の胡麻マヨ和え092

マヨネーズに、醤油と胡麻を加え、茶殻とゴーヤ少々、ホウレン草の茎部(朝のスープに葉部を使った残り)、炒った卵白(納豆に卵黄だけを使ったので、その残り)・・・残り物ばかりだが、ちゃんと和え物として美味しかった。

お茶で作った寒天590_1

昨日作ったお茶寒天も、白く濁った。

それは煮立てすぎて、細かい泡が消えないのかと思ったが、今日のお茶寒天も少し、白濁している。

固まる前は、ちゃんと薄緑で透明だったのに・・・。

お茶だと分かるように、茶葉を残してある・・・味はしっかりお茶なのだが、色が薄緑だとキレイなんだけど。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« “隠元とブロッコリー”で胡麻納豆和え | トップページ | “ラディッシュ”を添えたカジキソテー »