« “レタス”の春巻サラダ&舞茸牛肉巻き焼き | トップページ | ウルメ鰯の昆布締め&漬物イタリアン »

2007年5月11日 (金)

ホッケのいろいろな食べ方。

訂正・・・昨日の記事で、トビッコがシシャモの卵と書いた。

正しくは、トビッコは飛魚の卵の塩漬けである。

ただ、シシャモの卵の塩漬けも《三陸・海宝漬》に見られるように、同じような色・大きさで、同じような使い方をされている。

敢えて言うなら、シシャモの卵のは希少だが、飛魚の卵のほうは一般的で、回転寿司などで使われているのはこちら。

***************本日の記事****************

ホッケは鮮度が落ち易い魚なので、関東以南に生丸ごとで出回ることは497ほとんど無い。

輸送手段が発達した昨今も、多くは現地で干物などに加工されてから出荷される。

獲れたての鮮度のいいホッケは刺身でも美味しく、その味はヒラメにも匹敵する。

生なら、フライやムニエルが一般的だ。500

醤油味の漬け焼きも美味しい。502_1

北海道や青森などでは、かつてホッケの保存法に糠漬けという方法も使われた。Photo_126

かなり塩気がキツイものだったが、ホッケの身が締まって味が良かったという。

焼きたての干物も逸品だ。

その美味しさは、ホッケを漢字で書くと分かるのだが、魚偏に花と書く字(魚花)がPCで出ない。

アイナメ科で、地味な体色をした40センチほどの魚。

ホッケの加工品はたくさんあり、干物はポピュラーだし、飯寿司もかなり知られてきた。Photo_144 Photo_145

身欠きの燻製はどうだろう。

216

軽く、本当にサッと焙って毟りながら食べる。

桜のチップの香り218が香ばしく、身に含まれる若干の脂が甘さを感じさせる。

ワインもビールも、いくらでも進みそうだ。

それよりなお珍味は、身欠きにして塩漬けし、干してから熟れ寿司にしたもの。 462

これは、まるでお466近江の“鮒寿司”のようだ。

極端に好みが分かれるだろうが、“鮒寿司”も“クサヤ”も、“ホヤ”だって“フニュウ”でさえ平気な私には、格好の珍味だった。

ただ、気をつけなければならないのは、ちょっと箸が進むと塩分の摂り過ぎになりかねない。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« “レタス”の春巻サラダ&舞茸牛肉巻き焼き | トップページ | ウルメ鰯の昆布締め&漬物イタリアン »

応援してね!

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ