« 舌鮃のムニエル | トップページ | 初鰹で和風カルパッチョ »

2007年5月16日 (水)

新茶で~す。そしてエシャロット

ブログを始めた初日から、交流していただいている、『ナベショーのシニアライフナベショー様は、定年後に美味しいお茶作りを目指している方だ。

584_1 今年の販売用新茶が出来たとのことなので、早速送って頂いた。

一度に多く頂いても、と思い、取り敢えず2袋だけお願いしたが、好評で直ぐに完売したとのこと。

去年から支援していたフアンとしては寂しい、が喜ぼう。

日本の茶摘は、4月下旬から始まり、一番茶~二番茶~三番茶までを常とする。

中でも、八十八夜(立春から88日目)に摘まれた新芽は、“長命新茶”と呼ばれて珍重される。

新茶の特徴は、旨味成分のテアニンというアミノ酸が多く、甘味と香りが豊かなことだ。

茶はツバキ科の常緑灌木で、日本にも原種はあったらしいのだが、使い方を知らなかったようだ。

桓武天皇の頃に、最澄や空海によって、中国(唐)から茶の種が持ち帰られたてから広まったが、それ以後385年ほどして、栄西が茶種と新しい製茶法(現代行われているような方法)を伝えた。

この製茶法によって、いまに伝わる煎茶の飲法が広まった。

この栄西は、宋への留学で得た、禅と茶と医学の知識体験を『喫茶養生記』(上下2巻)にまとめ、そのことで名を上げ“茶祖”と称されるようになった。

当時から、薬効は知られていたが、近年になり、それは科学的にも立証されている。

茶は、ミネラルを豊富に含むアルカリ度の高い飲み物で、体の酸性化を防ぐ。

また、緑茶に多いカフェインは、中枢神経に働きかけ、作業能力や運動能力の向上、疲労回復に効果があるという。

タンニンという成分は、細胞の老化を抑制。

茶のビタミンCは、熱で壊れ難い・・・いいこと尽くめ。

よって、栄西の書に曰く「養生の仙薬、延命の妙術」なる薬効は確かなようだ。

新茶の風味を楽しむには、熱湯は禁物で、暫し湯冷ましした60℃くらいの湯がいい。

急須に適量の茶葉を入れ、湯を注いだら、茶葉が開くまでおいて、人数分の茶碗に均等に少量ずつ注ぎ分ける。589 585

これからの季節は、涼しげなガラスの急須もよさそう。587_1 586_1

初夏の実感を味覚と香り、そして鮮やかな新緑のような色で満喫した。

*****************************************

ところで、『ダブチごはん』のダブチ様が、庭でノビルを見つけたそうだ。

このノビルは、『kooのひ・み・つ』のkoo様がこの春ズッと、話題を広げていたが、スーパーにも滅多には出ない。

何時だったか、koo様のブログに、「私は、ノビル代わりに、西洋ノビル(エシャロット)に味噌を付けて食べてます」と書いた。582_1 580

このエシャロットを“西洋ノビル”と言ったのは、私のシャレ。正式名では無い。

アップするまでも無かったか?。

味噌で食べても美味しいんだけど、本来は刻んで魚介料理やパスタなどにも使う・・・という事は、ノビルを刻んでパスタはどうかな?、ダブチ様。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 舌鮃のムニエル | トップページ | 初鰹で和風カルパッチョ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ