« もう一度、蝦蛄(しゃこ) | トップページ | 鮑にソックリ“トコブシ煮” »

2007年5月 8日 (火)

春人参など春野菜の煮物

二日、続けて、美味501しいシャコ、とくに昨日は堪能した。

そこで、今日は野菜中心の献立・・・メインも頂き物の薩摩揚げ。

新が付く春野菜は甘味があって美味しい。

アフガニスタンを中心とした地域が原産で、セリ科の人参も、春に収穫されるものは香りもよく柔らかで美味しい。

正月料理に使われる“金時人参”と呼ばれる濃紅色の東洋種とは違って、春に収穫されるのは、太くて短い西洋種。

人参は、野菜の中でもカロチン含有量が抜群に多い。

ビタミンAの供給源となっているが、ビタミンBやミネラルも豊富。

貧血や強壮に効果があるといわれる。

そんな人参と、春野菜たっぷりの煮物(4人分)467_1

  • 人参(上半分)、キャベツ(3枚)、玉葱(1個)、グリーンアスパラ(4本)。
  • 水(2カップ)、薄口醤油(大2)、酒(大1)を鍋に入れ、出汁昆布(10センチ)を敷いて、野菜を煮る。

※多い目に煮て、翌日も美味しい。

にんじんとホウレン草の胡麻和え495 (2人分)

  • 上で残った人参(下半分)は拍子木切りにして柔らかく茹でる。
  • ホウレン草(1/2束)は茹でて水に取り、水気を絞って4センチに切る。
  • 半擂りにした炒り白胡麻(大2)と醤油(大1)を合わせ、人参とホウレン草を和え混ぜる。

今夜は、野菜たっぷりの食事、健康的~ィ!、ヘルシーィ!。

明日は定期健診だもんね。血液サラサラでバッチシだ・・・と思う。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« もう一度、蝦蛄(しゃこ) | トップページ | 鮑にソックリ“トコブシ煮” »