« あのフジツボは高級食材? | トップページ | “納豆”でサラダ風中華そば »

2007年5月27日 (日)

“ビワ”と超簡単“ジャコすし”

Photo_151 私の好物・枇杷(びわ)が出てきた。

皆様、枇杷は好きかしら?。

枇杷は、その葉が楽器の琵琶に似ているから付いた名だ。

昔は『庭先に枇杷を植えると病人が出る』と忌み嫌われたことがあった。

これは、枇杷は、葉が大きくて沢山茂る常緑樹なので、庭先に植えると日当たりが悪くなり、健康に悪影響があるということ。

だから、よく家の裏手などに植えられた。無花果も同様だ。

枇杷とか無花果って、何だか懐かしい果物だ。

でも、案外に値段は高くて、見た目よりは高級品かも。

1パック\500だと、アンデスメロンの\480を上回る値段、その割りに食べデが無い。

その高値感は、食用部分が少ない=種が大きいことにもある。

卵型の可愛らしい姿の割りには大きな種が多い。

黄金色の果肉は、柔らかくてジューシー。

つい、二つ・三つと皮を剥きながら食べていると、目の前にゴロゴロと種が・・・。

皮は花止り(お尻)から剥くと、スルッと剥ける。

種無し西瓜・種無し葡萄など、種無し果物に成功した日本の農業技術を以ってしても、枇杷は未だに種無しを作れない。

それどころか、種が大きくなったりする始末。

然し、一年中出回る果物の種類が増える中、5月初旬~約一ヶ月だけ店頭に並ぶ枇杷は、季節感からも希少な果物だ。Photo_152

枇杷は、殆どが無農薬栽培の安全性保障付き。農薬をかけずに栽培出来る果物は、昨今では極めて稀だ。

ブランド品で知られる長崎原産の『茂木枇杷』、関東での市場を占める『房州枇杷(田中)』、この二大品種が主流だが、瑞穂(みずほ)、戸越(とごし)、九十九(つくも)などの品種も少量ながら出る。

これらは、見た目もあまり美しくなく、量が少ないから、手に入り難いが甘味は強い。

今夜は所要で出かけなければ・・・で、夕飯はそこで頂くので、昼食を。

簡単×簡単なジャコすし(3~4人分)480_1

美味しい果物があるし、簡単な“ジャコすし”で、お昼を。

  • 米(2カップ)は、炊く30分前に洗い、酒少々を入れて、分量の水加減で、昆布を乗せて炊く。
  • 炊き立てのご飯に、酢(大3&1/2)、砂糖(大1&1/2)塩少々を混ぜて酢飯にする。
  • ちりめんジャコ(2/3カップ)、実山椒佃煮(大2)を混ぜ、器に盛ったら、3センチくらいに切った貝割れを散らす。

こんなに簡単なのに、病み付きになる美味しさ。実山椒のピリッ!が、大人の寿司だ

お吸い物と、香の物を付ければ立派なランチだ。

栄養的にもいいと思うよ。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« あのフジツボは高級食材? | トップページ | “納豆”でサラダ風中華そば »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ