« 根曲がり竹のタケノコ | トップページ | マダコのニンニク炒め »

2007年6月11日 (月)

チーズとジャガ芋でパイ。

今日も夫はゴルフ、4月からすでに6回目・・・。

毎日、家に居るようになって8ヶ月、私もこんな日は一人時間のチャンスと思うようになってきた(夫婦の危機?、嬉々か?)。

なんか、寛いだ気分だし、普段は作らないお昼にしよう。

昨日は、先に新茶を分けて貰った「ナベショーのシニアライフ」のナベショー様から、蜂蜜が届いている。685

今朝は、早速、出かける前の夫と、パンに塗っていただいた。

加熱していない生の蜂蜜、蜜柑と藤の花の香りだろうと仰っていたが、蜜柑よりは藤の花の香りが強い。

さて、となれば、昼も、この蜂蜜を堪能するご馳走を作ろう。

と言っても、材料は、ほとんどの家庭に常備されているチーズとジャガ芋

チーズは好きだ。 牛乳をそのまま飲むのが、あまり得意ではないので、乳製品はチーズを使う。

日本人に馴染みが深いのは、フレッシュタイプ(乳を酵素で固め、水分を切っただけ)のクリームチーズや、白かびタイプ(白かびをチーズ表面に植え、内部まで熟成させる)のカマンベール、セミハードタイプ(やや硬く弾力があり、保存性もいい)のゴーダなどだろう。

粉チーズで普及しているハードタイプ(かなり硬く、保存が効く)のパルミジャーノ・レッジャーノは、本当は摩り下ろしたり、削ったりして使う方が美味しい。

同じハードタイプの、エメンタールやグリュエールはグラタンやフォンデュに欠かせない。

最近は、サラダ用にフレッシュなモッツァレラやカッテージチーズなども一般的になった。

ティラミスで一躍有名になったマスカルポーネもフレッシュタイプだ。

あまり馴染まれていないのが、青かびタイプ(青かびをチーズの中の隙間に繁殖させて熟成する)のロックホールやゴルゴンゾーラだろうが、特有の刺激的匂いやコクは、慣れるとくせになる味。

山羊乳を原料にしたチーズシェールタイプは、熟成が進むほど味も香りも強いくせが出るが、栗の葉で包んで熟成を遅らせたシャビは、爽やかな風味が特徴だ。

ほかには、マンステールのように、塩水や酒で洗いながら熟成させるウォッシュタイプがある。外側は強い香りだが中はクリーミーだ。

ブルザンとかロンドレと言った、ニンニクやハーブ・黒胡椒などが入ったクリーミーなチーズはパンに塗って美味しいもの。

日常では、市販品のとろけるチーズを使った、ピザ風トーストなどが手軽だ。

因みに、世界中で個性的なチーズが作られているが、国ごとに少しずつ特徴が違う。

ジャガ芋とチーズは、世界中が認める相性の良さ。

新ジャガ芋ならチーズのネットリに爽やかな芋味。

秋のジャガ芋なら、チーズのネットリに、ホッコリ芋味。

チーズとジャガイモのカリッと焼き2人分)545_1

  1. ジャガ芋(100gくらいのを1個)は、茹でて皮を剥き、マッシャーで潰す。
  2. フライパンにバターとサラダ油(各少々)を熱し、薄切り玉葱(1/8個程度)を炒め、途中で水少々を加えて、しんなりするまで炒める。
  3. 2に1と摩り下ろしたパルメザンチーズ(100g)を加え、薄く延ばして、両面を焼き色が付くまで焼く。

※いつもは、このまま食べてランチになるが、折角なので、ホットケーキのように、少し蜂蜜を垂らしてみた。

バッチGOOD!!、で2人前を一人でペロッ。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 根曲がり竹のタケノコ | トップページ | マダコのニンニク炒め »