« 枝豆が旨いとビールが進む | トップページ | 火屋(ほや)の魔味 »

2007年6月29日 (金)

ピーマンの中身

739_1 Dsc01015頭が空っぽだと仇名は「ピーマン」?。

中にはほんの少しの白い種しかなく、空洞だからそんな仇名が流行った時代がある。

ピーマンは茄子科で、原産地は中南米。

名前は唐辛子のフランス語・ピマンからで、シシトウもパプリカも同じ仲間。

緑色の時季が栄養価は高いが、完熟するほど、緑~黄~オレンジ~赤と色が変化し、甘味が増してくる。

最近では黒いピーマンも出回るようになった。

ハウス物は1年中あるが、もとは夏野菜なのだ。ビタミンCやカロチンが豊富なので、夏バテ予防に沢山食べよう。

高血圧や動脈硬化の予防にもなる。

ピーマンのビタミンCは、熱にも強い。しかも油と相性がいい野菜だ。

炒めたり、揚げたりすることで、青臭さも薄れる。

挽肉の詰め物をして油で調理すれば、ピーマンの苦手とオサラバ出来るかも。

表面が真っ黒に焦げるまで焼くと、薄皮がキレイに剥ける。

焼いた野菜は甘味が出て、シンプルだが美味しくてヘルシー。

ピーマンの焼き浸し(2人分)668

  1. ピーマン(黄・1/2個、赤と緑各1個)は、転がしながら、強火で皮が黒くなるまで焼き、薄皮を剥いて縦に裂いて、ヘタと種を取り除く。
  2. 薄口醤油(大1)に極僅かの味醂を加え、1を入れて味を絡ませ、冷蔵庫で冷しておく。
  3. 器に盛ったら、削り節を乗せて供す。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 枝豆が旨いとビールが進む | トップページ | 火屋(ほや)の魔味 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ