« アボカドの鮪巻き | トップページ | 冷奴の季節がきた »

2007年6月 8日 (金)

メロンをサラダに

Dsc01898 メロンの季節になる 。

花でさえ、多くの種のハウス栽培が当たり前になって、季節感を失いつつある現代、野菜や果物には季節感を求めることさえ難しくなっている。

そんな果物の一つ、年間を通して栽培され、いつでも店頭にある『メロン』だが、これも瓜の仲間だから、実はいまが旬なのだ。

日本人は瓜好きで、瓜の仲間はいずれも人気者だ。

昔のマクワ瓜からメロンまで、スイカも瓜だ・・・野菜の瓜物も入れると、瓜類の消費は膨大な量になる。

メロンの類は、大きくはネット系(マスクメロンなど)と、ノーネット系(マクワ瓜・ハネデューメロンなど)に分けられる。

さらには、東洋系(マクワ瓜・ハミ瓜など)と、西洋系(マスクメロン・ハネデューメロン)に分ける場合もある。

プリンスメロンなどの新種メロンは、ほとんどが東洋系と西洋系の一代雑種で、その新種開発は日本が世界に先んじている。

新種の登録は、百種以上あるが、代表的なのはプリンス・アムス・アンデス・コザック・キングメルティ・キンショウ・シラユキ・ホームラン・・・etc。

メロンのトップは、果物の王とも言われる『マスクメロン』で、マスク(Musk)とは高級香料・麝香のこと。香りも味も、ネットの張り具合もメロンのトップだからこその冠名だ。

マスクメロンの作出者は、新宿御苑顧問の子爵・福羽逸人博士で、御苑の農事試験場温室での品種改良から産まれた。

当初は子爵メロンと呼ばれたが、大隈重信侯爵がこれを愛し、メロン栽培を華族や貴族の間に流行させた。以後、侯爵メロンと呼ばれるように・・・子爵から侯爵に出世した訳だ。

果物として食されるメロンの、ピン~キリは、例えばマスクメロン~マクワ瓜だが、もとはアフリカ砂漠地帯から発した同一種。これが、西洋に発達したのが西洋メロンで、東洋に渡ったのがマクワ瓜。そのピン(西洋メロン)とキリ(マクワ瓜)の混血児がプリンスメロンなのだからビックリ。Photo_155

くだものに総じて言えることだが、蔓に付いていた方(頭)より、花が落ちた方(尻)が甘い。だから輪切りでは不公平、縦に切り分けよう。

生ハムは、メロンの甘さを適度に引き締め、深みのある味にする。果物の酵素は肉類の消化を促進・・・別々に食べたい、と、わざわざハムを取り外して食べる、約1名が目の前にいる。

昨日のアボカドに限らず、果物は使い方で、デザート以上の一品に使える。

メロンとトマトの中華風サラダ(3~4人分)543

甘味がイマイチのメロンでも、美味しく変身する。

  1. まず、ドレッシング<酢・胡麻油・醤油が各大2、砂糖は大1、胡椒少々>を良く混ぜておく。
  2. トマト(2個)は、皮を湯剥きして1個は櫛型切り、もう1個は角切りする。
  3. メロン(1/4個)は、皮を剥いて、一口大に角切り。
  4. サニーレタス(約半分弱)は、葉を水に浸けてシャキッとさせ、手で千切る。
  5. 皿に、櫛型切りトマトを円形に並べ、その中に他の材料を混ぜて盛り、ドレッシングをかける。

トマトの皮の湯剥きは、トマトの上中央に、十文字に包丁を入れ、ヘタ部分にフォークを刺してサッと熱湯にくぐらせる。直ぐに氷水に突っ込むと、スルッと簡単に皮が剥ける。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« アボカドの鮪巻き | トップページ | 冷奴の季節がきた »