« DXなメロンムース | トップページ | スイカは胃を荒らす? »

2007年7月27日 (金)

美果・国産ドラゴンフルーツ

今日は思いがけない贈り物があった。

めったに口にすることのない“ドラゴン・フルーツ”、しかも国産。834_2

送ってくださったのは、最近、ブログを通じて知った、岐阜県の川合町で農業生産に励む【frusic】を運営する方。

frusic(フルージック)とは、fruit(果物)と music(音楽)を合体した造語だという。

会社のテーマは「農業は美しい芸術」。

ポリシーは「果実を見る、手に取り、香りを愉しむ、味わう、大好きな音楽を聴きながら」と言うことなんだろうか。

ブログを拝見し、その農業姿勢と、まだ良く知られていない果実に取り組む情熱に好感を抱いた。

そして、かなり種類の果物は食べたつもりの私に、まだまだ未知のものがあった感動で、少しずつお付き合いさせていただこうと思ったのだ。

その始めにお願いしたのは、黄色の果皮の“イエロードラゴン”。

赤い果皮で、中身が白と赤の輸入物は食べたことがある。

しかし、黄色のドラゴンは知らなかった。

ただ、まだ実をつけたばかりの頃だったので、楽しみにしばらく待たねばならない。

と、思っていたところに届いた宅配便。

完熟の赤い果皮のドラゴン、黄色のが熟す前の“お楽しみ”だとか。

種類の違うものが詰めあわされている。

frusicでは、約24種のドラゴンフルーツを栽培しているそうだが、送ってくださったのは、その中の5種。

果皮はみな赤いが、果肉の白いDavid Bowie(デビッド・ボウィ)、Delight(デライト)。

果肉が濃いピンクのHalley's Comet(ヘイリーズ・コメット)、Makisupa(マキスパ)。

そして、果肉が濃赤で、実が小振りのVoodoo Child(ヴードゥ・チャイルド)。

ドラドンフルーツの特徴は、真っ赤な皮に、龍の鱗のような襞が重なっている。

一見固そうな皮だが、ミカンやアボカドのように、手で剥ける。

サボテン科の実で、アメリカ産の一回り小さい“カクタス・ペア”や、コロンビア産の“ピタヤ”と同じような味の実だ。

花もまるで月下美人のようだ。

日本では、沖縄・石垣島辺りでも栽培されている。

甘酸っぱいが、キウイに似た食感で、キウイより甘味がスッキリ・・・ある作家が「太陽の雫を蒸留したような甘さ、これぞ砂漠の味」と言った。838 837

果肉には、赤と白があり、小さな黒い種が散らばるように混入しているが、これは食べても何のことも無い。むしろ、消化促進酵素が入っていると言われる。

ビタミンB1、B2、B3、の他ビタミンCが豊富で、美白効果・シミ予防にいいと言う。

貧血防止や便秘予防にもいい。

表面に少し皺が出てきた頃が食べ時で、特別な香りは無い。水気も少なめ。

赤い果肉の方は、パンを作るドウとして色付けにすると綺麗。魚介(とくに白身)料理や鶏料理などに赤いソースとして使ってもいいだろう。

メキシコ辺りでは、通りのスタンドで、果肉をミキサーにかけたジュースも売られている。

私も、真似てミキサーにかけてみた。840

同封されていたパンフレットには、蜂蜜など加えると飲みやすい・・・と書いてあったが、果実自体にかなりの甘さがあるので、私は微量のミネラルウォーターだけでミキサーにかけた。

それでも、口から喉、胃に届くまで、甘さが分かる。

輸入物に比べて、その美味しさは格段に違う・・・幸せも一緒に味わった。

どちらかと言えば、果実をそのままスプーンで食べるのが、私には一番美味しく思える。

国産の美味しさを、親友J子さんにも届けたくて、早速商品発送を頼んだ。

ジャムやゼリーに使う時は、裏漉しして種を除いてから使った方が食べ易い。

黄色のドラゴンが熟すのが、ますます楽しみになってきた。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« DXなメロンムース | トップページ | スイカは胃を荒らす? »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ご利用ください

無料ブログはココログ