« 高根(高値)になった“泥鰌(どじょう)” | トップページ | 超ヘルシー“ダチョウ肉”の刺し身 »

2007年7月21日 (土)

チコリの歴史

Dsc01188 チコリが日本に入ってきたのは、ホウレン草より古い時代なのだ。

チコリやエンダィブのような野菜は、日本での歴史はいかにも新しそうだが、江戸時代にオランダ人が持ち込んでいる。

見かけがキク科のチシャに似ているので、“オランダギク”とか“キクチシャ”と呼ばれた。

今日の青味野菜はホウレンソウを使うが、この野菜は江戸時代以前(17世紀初頭)に、中国から持ち込まれていたのに、一般に知られたのは昭和に入ってから・・・。

エッ、と言う感じだと思う。

ホウレンソウが最近の野菜だなんて・・・、チコリが江戸時代からあったなんて・・・。

ホウレンソウの人気が一気に出たのは、I'mセーラーマンのポパイのアニメーション放映以降。戦後なのだ。

いまいち人気低迷のホウレンソウを売り出そうとした、メーカーのCMでデビューした、水兵・ポパイが、「いざ」って時に食べる、缶詰スピナッツ。

正義のヒーローになりたい子供から、ヒーローになりそびれた大人まで、戦後の野菜はホウレンソウに向かった。

いまや、ホウレンソウを週に一度も食べない家庭はあるだろうか?・・・と言うくらい、一般的な野菜になったが、さて、チコリの人気はーーーーーー。

取り立てて、ホウレンソウほどの高い栄養価でもなく、廉価でもない。

西洋料理のイメージが付きまとう。

だが、チコリはチシャの変種なのだ・・・と思えば、もっと食べよう。馴染もう。

チコリの、ちょっと、ほろ苦いような味は大人好みか、シャキッとした歯触りが何とも言えず、夏向きの清涼感になる。

鶏肉のバンバンジーをお洒落に(2人分)663

  1. チコリ(6枚)は一枚ずつ剥がし、洗って水気を切っておく。
  2. 鍋に湯を沸かし、葱の青い部分や皮付き生姜(半片)、と鶏腿肉(1/2本分)を入れて15分ほど茹でる。
  3. 鶏肉は、水気を拭いて冷まし、1cmくらい幅の棒状に切る。
  4. 椎茸(2枚)は、石突きを落とし、棒状に切り、人参(少々)は、縦に思い切り長めの細切りにして、どちらも茹でる。
  5. キュウリ(1/4本)も棒状に切る。
  6. 鶏肉、椎茸、キュウリを人参で軽く結び、1に乗せてバンバンジーソースをかけて食べる

※バンバンジーソースは、市販品でもいいが、醤油と芝麻醤(各大3)、砂糖(大1)、ラー油(大1/3)、酢(大1/2)、おろし生姜(小1)、葱微塵切り(大1&1/2)で出来る。

人参の紐結びは無理にしなくてもいい。

ただ、纏めて乗せるほうがお洒落かなと気取ってみただけ。

結んでみたい方は、紐状人参を予定より多めに茹でてほしい・・・折れることもあるので。ご参考になれば幸甚。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 高根(高値)になった“泥鰌(どじょう)” | トップページ | 超ヘルシー“ダチョウ肉”の刺し身 »