« 河岸の親方は“カンパチ”好み | トップページ | スモモもモモもモモのうち »

2007年7月 7日 (土)

七夕には「素麺」

696

07/07/07、すごいラッキー7・・・ビンゴ・・・パチンコならジャラジャラ、ピカピカ。

さて、今日は七夕(私にとっては、可愛い孫娘の誕生日、しかも7歳)。

な~んか、テンションが上がって“籤”なぞ買ってみる。

ところで、七夕には素麺を食べる習慣があるのだ。

で、なんで七夕に素麺かと言う前に、七夕の謂れをちょっと。

日本では古来、陰暦7月7日、来臨する神を迎えるために水辺に棚を設け、機織りさせた神女を“棚機津女(たなはたつめ)”と呼んだ。

これが『七夕』の語源と言われる。

たまたま、中国から伝えられた“牽牛&織女”の伝説。

さらに裁縫上達を織姫座に祈る、“乞巧傳(きこうでん)”と言う星祭。

これらが、おなじ7月7日に行われていたことから、結びついて、現在の『七夕』の祭りになったと思われる。

平安朝の宮中では、5色の糸を通した金銀の針と共に、山海の幸を供え、星を眺め、歌を詠み、管弦に興じ、祝った。

江戸時代になり、幕府は七夕を年中行事“五節句”の一つに制定。

笹飾りに願い事を書いた短冊を下げる。

近年は一般的な七夕も、笹が手に入りにくくなったことや、川に流すことが禁じられたことなど、風情だけでは済まなくなっている。

せめては、我々大人は、牽牛と織女の、年に一度の逢瀬を静かに見守り、そっと杯を傾けていようではないか。

さて、本題の七夕に付き物の食べ物・『素麺』について。

皿に流れをイメージして盛った素麺は、“天の川”ではないだろうか。

暑い日にはこのキリッと冷えた喉越しのいい麺が、何にも替え難いご馳走になる。

奈良時代に中国から伝わった“麦縄=索餅(むぎなわ)”が、素麺のルーツだ。

平安朝の貴族たちも、この麦縄を天の川に見立てて、蒸し暑さを凌いでいたと思われる。

その後、鎌倉時代に伝わった新製法・・・つまり、小麦粉を塩水で練り、表面に菜種油or胡麻油を塗り、手で揉むようにのばし、その生地を寝かしてから、木の管に架けて細く引きのばして乾燥させる。

江戸時代になって、七夕には天の川に見立てた素麺を供え、織物や仕立物の腕が上がるように祈る習慣が一般化した。

天日干しの素麺が、白い簾のように広げられているのは、日本の風物詩。

素麺は油を塗ってのばすので、3年~5年と寝かせたものほど、油が抜けて味も良く、香りも出て美味しくなる。

素麺の主産地は、兵庫県揖保地方・奈良県三輪地方・長崎県島原地方・香川県小豆島など。

鶏肉入りの煮うめん(2人分)548

  1. 鶏肉(50g)は一口大に切って、塩を振って30分ほど置いた後、サッと熱湯に通し、直ぐ冷水で冷す。
  2. 椎茸(2枚)は、石突きを取って2つ割り、葱は1cm幅くらいの斜め切り、小松菜(2株)は根を切っただけに。
  3. 鍋に、出汁(300cc)、薄口醤油と酒(各小1)、塩少々を煮立て、煮干(5本くらい)と1を入れて1分煮て、煮干は取り出す。
  4. 固めに茹でて水洗いし、水気を切った素麺(50~80g)を入れ、2の具を加えて一煮立ちさせる。

夏でも、こんなあっさりした麺なら、温かいのもいいものだ。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 河岸の親方は“カンパチ”好み | トップページ | スモモもモモもモモのうち »