« 夏野菜なのに「冬瓜」 | トップページ | 夕顔は干瓢だけじゃない »

2007年7月13日 (金)

楽園の果実・バナナ

720Musa paradisaiaca(楽園の果実、バナナの学名だ。

この名は「エデンの園にはバナナが茂っていて、その陰に隠れていた蛇がイヴを誘惑した」という、アダムとイヴの楽園追放の説話からと言われる。

かつて、東南アジアの島々で、身を隠しながら、数十年の歳月を生き抜いた、元日本兵の話で、彼らの生命の糧が野生のバナナにあったと伝えられた。

バナナはバショウ科の草本、マレーシア半島の原産。

太古のバナナにはちゃんと種子があったが、いつしか種子の無いバナナが発生・・・それが南半球の熱帯地域に広まった。

バナナは、葉が重なり合って鞘状になり、できた鞘幹が数メートルにも達する。

その鞘幹の中心から太い茎が伸び、その先に蓮の花を長くしたような赤紫色の蕾を付ける。

やがて、その蕾を包んでいた苞が一枚ずつ捲れて、根元に小さな黄色のバナナの花が二列並んで現れる。

それが、房状になり、反り返って上向きに育ち、半年ほどで熟すのだ。

一本の幹に一房が基本だから、ほかは蕾のうちに切り落とされる。

この切り落とした蕾は“バナナハート”と呼ばれ、サラダ、漬物、煮物、炒め物に使われる。

バナナは、調理用と生食用に分けられるが、日本に輸入されるのはほとんどが生食用だ。

低カロリーで、整腸作用が期待され、ストレス解消にも効果があると言われるバナナ。

表面に“シュガースポット”と呼ばれる黒い斑点が出た頃が一番美味しい食べ時で、『バナナはそばかす美人』と言われるくらいだ。

バナナの品種は200~300種もあるが、日本に入ってくるのは数種。

ほとんどはフイリッピン産の“キャベンディッシュ”という品種だが、長期の輸送に耐え傷み難い分大味。現地ではあまり人気が無い。

台湾産の“仙人”は、甘味が強く需要はあるが品薄で、結果高価になりがち。

少量だが、赤い皮で小さいサイズの“モンキー”も入荷があり、甘くて味がいい。

調理用バナナも、若干ながら見かけるようになった。

バナナの香りトースト636_1

食パンにバター(マーがリンでも)を塗って、輪切りのバナナを並べ乗せ、オーブンで焼く。

705それだけで、バナナの芳香と甘さが数倍になり、いつもと違う朝の食事(簡単だけど美味しいんだよ)。

蜂蜜をかけると、甘いもん好きには堪らないと思うけれど、我が夫は甘い物拒否症。

※バナナと牛乳、蜂蜜をミキサーにかけ、グラスに注いだらシナモンをちょっと振る・・・オリジナル“バナナシェイク”も朝の食事代わりに。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« 夏野菜なのに「冬瓜」 | トップページ | 夕顔は干瓢だけじゃない »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ