« ホヤの味噌漬け | トップページ | サンマの梅酒煮 »

2007年8月26日 (日)

ワサビ菜って?

わさび菜、山葵の花や葉のことではない。

プリーツレタスのプリーツをもっと細かくしたような、明るい緑色の葉。907

中原採種場(株)のHPには「ダイコン葉に似た大きな欠刻がある葉形で、葉面がチリメン状に縮む丸茎のからし菜」とある。

茎元を見ると、確かに小松菜や芥子菜と同属と分かる。

しかし、いままで市場で“からし菜”と言われていたものとは、少し違うように感じる。

葉は大きく柔らかで、一種独特の辛みがあり、サラダ、漬物、お浸しに・・・とも。

試しに生で齧ってみると、爽やかな辛さで、案外食べやすい。

Photo これなら、刺し身に添えたり、サンドイッチにはパンに芥子を塗らずに使えそうだ。

まずはカリッと炒めたベーコンと、市販のフライドオニオンでサラダに、温泉卵を乗せて、醤油を一垂らし・・・けっこういい味だ。

後はサッと茹でて刻み、削り節と切りゴマを加え、出し醤油で和えた。

わさび菜のオカカ和え912

茹でると辛さが和らぐようで、特有の味が無くなる。

万人向きにはなるが、私は生で食べた時の爽やかな辛さがいい。

これから、使い道の広がりそうな野菜を見つけたかも知れない。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへこちらも応援してくださるともっと嬉しいです。

« ホヤの味噌漬け | トップページ | サンマの梅酒煮 »