« 胃に優しい“リンゴ”の和え物 | トップページ | 揚げたて鯊の天婦羅 »

野菜の日に「ラタトゥイユ」

8月31日は、8・3・1(やさい)、“野菜の日”なんだそうだ。

夏は葉物野菜の季節、そしてこれから秋本番に向けては根菜の時季。

そんな、端境期に、夏野菜の名残いっぱいの「ラタトゥイユ」。Dsc01015 Dsc01550 638

トマト ・ 茄子 ・ ピーマンなどの夏野菜に、玉葱ニンニクなどを加えた、野菜メインの料理。

スッゴク簡単で、たくさん煮込んでパスタやリゾットにも応用できる、夏の終わりの優しい一品。

ラタトゥイユ(4人分)494

  1. 玉葱(1個)は乱切り、トマト(4個)は皮と種を取り除いて3cm角切り、茄子(4個)は皮を剥いて1cm厚さの輪切り、ピーマン(赤&緑各2個)は1cm角切りにする。
  2. 鍋に油を熱し、ニンニク微塵切り(1片分)を入れ、玉葱~トマト~茄子~ピーマンの順に加えて炒めていく。
  3. ブーケガルニ(ロリエ&セロリ&パセリの茎の束)を入れ、塩・胡椒を少々で調味。
  4. 30分以上、弱火で煮込んで仕上げる。

※ズッキーニや人参、そのほか冷蔵庫の夏野菜を使える整理料理。

明日から9月、秋らしく、こざっぱりして旬の味を迎えよう。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 胃に優しい“リンゴ”の和え物 | トップページ | 揚げたて鯊の天婦羅 »

応援してね!

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ブックマーク