« 生の国産アセロラ | トップページ | ♪大きな栗の“栗ご飯” »

2007年9月19日 (水)

大賀蓮の焼酎

012町田の薬師池公園には、広大な蓮田がある。

そこには、古代の蓮と言われる大賀蓮(☜)が丹精されている。

その蓮は、毎年7月中旬から8月始めには、まるで天上の(☜)のように、大きな花をたくさん咲かせて大勢の人々の目と心を和ませる。

そして、秋には蓮田は掘り返され、来年に向けて整備しなおされるが、その時に蓮根が副産物として収穫されるのだ。

994その蓮根から珍しい焼酎が出来る。

焼酎は1年がかりで生まれるので、去年のものがこの夏に出来た。

この薬師池公園は町田の福祉事業の一環で、この焼酎もそうした事業からうまれたもの。

太古の蓮が、現代の各地の池に広まり、その当時と同じ蓮の花を咲かせ、その根から出来た焼酎。

998その名も《太古のめざめ》。

掘り起こされた太古の蓮の根は焼酎になって目覚めた。

なんだか、古代人になったような、夢の世界に入れる。

数量が少ないので、去年から予約して、やっと届いた。

私が、呑んで欲しいと思う人達に贈って、さて私の分は残るだろうか・・・残さねば。

数日は、天上人になった気分で、蓮の焼酎で酔おう。

古代の蓮は《太古のめざめ》で目覚めたが、私は《太古のめざめ》で寝酒。

※ところで、火傷の治癒に、温泉療法がいいと聞いて、遠くまではちょっと・・・で、薬湯と言われる、いつもの深大寺“風水湯・ゆかり”へ。

薄く皮が生まれてきているところは、沁みるかと思いきや温まるほどに「痒~い、カユイ!!」ったらない。

昔、骨折した時、治り際にギブスの中が発狂するほど痒かった・・・そんな痒さ。

水をかけたり、絆創膏の上からさすったりしたが、体が温まっているから余計に痒さが増すばかり。

081 キリキリする痒さとの戦い、ストレスから昼から湯上り地ビール。

ちょっと和らぐ気がして「お替り~ィ」って、夫にたしなめられた。

だって、化膿するといけないって、数日飲ませてもらえなかったんだし~。

でも、痒いんだよォ。火傷の治り際って、こんなに痒かったっけ・・・?。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 生の国産アセロラ | トップページ | ♪大きな栗の“栗ご飯” »