« 茄子で簡単混ぜご飯 | トップページ | 新米で好きな「ご飯の友」全部かけ »

2007年9月29日 (土)

蕎麦。夏向きと冬向き

Dsc01323Dsc01319 今日は午前から、薬湯に行き、名物の蕎麦を昼食に食べた。

火傷をしてから、3回目の“深大寺温泉《ゆかり》”に・・・何度かの脱皮(?)で、もうすっかり治って、肌にやや赤みが残っているが、言わなければ誰も気付かないくらいだ。

この温泉での私の楽しみは、温泉以外に“深大寺蕎麦”。

深大寺周辺は蕎麦屋が多いことで知られるが、此処は昔は“武蔵野蕎麦”の産地だった。

この施設の名が付いた「ゆかり蕎麦」を食べるが、夏は冷たいのがあると先回気が付いた。082 Photo

写真の右は暖かい蕎麦、左が夏場だけの冷たいバージョン。

お気づきだろうか・・・同じトッピングだが、揚げ玉が柔らかくなってない&温泉卵がそのまま生っぽい&山葵が添えてある&器が夏用(でも、これらは基本的な味には関係がない)。

どっちが美味しいかと聞かれると応え難いが、この温泉は体が長い時間ポカポカ、いつまでも汗が噴出す・・・となれば、夏はやはり左だろうなぁ。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 茄子で簡単混ぜご飯 | トップページ | 新米で好きな「ご飯の友」全部かけ »