« ベーコンとブロッコリーの卵乗せオーブン焼き | トップページ | 里芋ご飯 »

2007年9月 9日 (日)

秋刀魚団子のトマトシチュー

ベランダの夏の花たちが終わる・・・貧弱になっても、すぐ引き抜いて植え替えるのは可哀想な気もする。

が、無残な姿のまま、いつまでおくのも可哀想。

で、目を瞑って植え替えを実行する・・・季節の変わり目は、この気持ちの葛藤の繰り返し。975

これは「サンライズ」と名にあるだけに、朝だけが見せ場。昼には萎んでしまう。

夏の花だが、今年は残暑が厳しく長いので、まだ元気いっぱい。

しばらく植え替えなくても良さそうだ。

さて、今年は秋刀魚が豊漁だそうで、脂が乗って丸々と肥った美味しそうな秋刀魚が買い易い値段で出回っている。Photo

近海物は、9月末から10月にかけてが旬で、とくに房州沖のものが美味しいと定評がある。

この時季は『秋刀魚が出ると、按摩が引っ込む』と言われるくらい、栄養価も高く、脂肪に富んで美味。

『秋刀魚、苦いかしょっぱいか』と、佐藤春夫の詩でも思い出し、塩焼きするのがもっとも一般的だろう。

落語の『目黒の秋刀魚』というのも、塩焼きが美味しいと言う噺だ。

もっとも、こんな豊漁の時は、塩焼き、付け焼き、味噌焼き、蒲焼などのほか、煮付けもいいし、バター焼きやフライ、唐揚げ・・・何にしても美味しい。

一夜干しもまたいける。鮮度が良ければ刺身、締め秋刀魚、マリネにも。

秋刀魚の梅酒煮”という美味しい煮方もある。

秋刀魚団子のトマトシチュー(2人分)951

  1. 秋刀魚(2尾)は、頭と中骨、内臓を取って、溶き卵と生姜の擂りおろし、酒、砂糖(各少々)、小麦粉(大1&1/2)、片栗粉(大1/2)、塩(一つまみ)とともにフードプロセッサーにかける。
  2. ジャガ芋(小2個)、玉葱(1/2個)、人参(4cmくらい)は、それぞれ一口大に切る。
  3. オクラ(4本)は茹でて半分に切る。
  4. お湯(2カップ)に、固形スープの素(1/2個)を溶かし、1をスプーンなどで団子状に丸めながら落とし、茹で上がった順に取り出す。
  5. 4のスープに2を入れて、5分ほど煮たら、ホールトマト(缶汁毎・200g分)を加え、さらに10分ほど煮込んで、塩・胡椒少々で調味しなおす。
  6. 4で取り上げておいた秋刀魚の団子と3を、5に戻して一煮する。

※秋刀魚の団子は、鰯のツミレ団子とは一味違う、美味しさで汁の味を和風や、中華風に変えていろいろに使える。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« ベーコンとブロッコリーの卵乗せオーブン焼き | トップページ | 里芋ご飯 »