« 蕎麦。夏向きと冬向き | トップページ | 茄子のツルリ麺風 »

2007年9月30日 (日)

新米で好きな「ご飯の友」全部かけ

今年の新米が届いた。1036

夫の父は画家だったが、わずかばかりの田畑も所有していた。

その田んぼは、知人が管理してくれているが、収穫した米の何割かを、夫の兄弟たちに何度かに分けて送ってくるのだ。

今年は“コシヒカリ”が届いたが、出来は良かったようで、第一回目の分が30kg。

早速、娘・息子に10kgずつ分配・・・。

さて、日本人の主食は米、いくらパン&パスタ、その他の小麦粉食品の消費が増えたと言っても、基本の主食は米だ。

なにしろ縄文時代から、ずっと祖先が作り続け、食べ続けてきたのだから、私達の遺伝子には米好きが組み込まれているはずだ。

主食用で流通している米は、ジャポニカ米(日本型)とインディカ米(インド型)、そしてジャバニカ米(ジャワ型)に大別できる。

昨今は古代米という、原種の特徴を残した野生種の“赤米”や“黒米”が、その栄養価とともに注目されている。

稲作は、中国・インド・ミャンマーが接する山岳地域から始まったといわれる。

日本には縄文時代に伝わり、その栽培法が陸稲から水稲になったのも早く、縄文後期には水田が各地に出来ていたという。

1040 『青田から飯になるまで水加減』という諺がある。

種籾から苗代、田植え、発育と稲の生育には水加減が不可欠。

稲刈りから乾燥だけが水を嫌うが、さて米を炊くとなると再び水加減が大事。

新米は水分が多いので、米と水は同量でいい。

新米が美味しく炊けたら、ご飯の友は・・・卵?、納豆?、明太子?

悩むから全部混ぜちゃえって、絶品ご飯だった。

イカ納豆&明太卵の全部かけ飯(2人分)1041

  1. まず、生椎茸(2枚)を焼いて5mmくらいの角切りにしておく。
  2. 卵黄(1個)、刺し身用のイカ賽の目切り(少量)、ほぐした明太子(適宜)、葱(5cm)の微塵切り、すり胡麻(少々)、醤油(小1)を用意。
  3. 挽き割り納豆(2パック)に添付のタレや芥子を混ぜ、1と2も加えて良く混ぜ合わせる。
  4. 小さな丼にご飯をよそい、3をかけて、混ぜながら食べる。

※「ン~ン、日本じ~ん!」の幸せ。(1と2は、好みでどうぞ・・・キムチやメカブ、トロロもいいかも)

あなたの「ご飯の友・ベスト3」は何?、ほとんどの方の好みが入っているかと・・・これに海苔を添えたら文句なしでしょ。

日本人が、ご飯を食べて幸せに感じるのは、米が持つ意味にあるだろう。

日本での米の意味は、それが税(年貢)として使われ、勢力の指標になっていたことだ。

そして、戦争体験者は、ご飯が食べられなかった過酷な時代を負う。

米の使途は、日本では主食が主で、酒や餅、菓子、飴、味噌や醤油、酢、糊などの原料になる。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 蕎麦。夏向きと冬向き | トップページ | 茄子のツルリ麺風 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ