« 里芋ご飯 | トップページ | 茄子と貝柱のカレー風味 »

2007年9月11日 (火)

鯖の基本は“味噌煮”

秋の花の代表ともいえる“リンドウ”。

今年は、桃色の花の“ももこりん”という可愛い名のリンドウが人気だそうだ。978

秋の代表的な花の一つがリンドウなら、秋の魚の代表的な一つに挙げられるのが“秋鯖”。

秋鯖の美味しさは今更言うまでも無いだろう。

鯖の揚げ漬け(☜)や鯖のちょい辛煮(☜)、締め鯖、バッテラ・・・いろいろな食べ方があるが、秋鯖料理の基本は味噌煮に尽きると言ってもいい。

ちょっとのコツで、定食屋に負けない美味しい味噌煮を。

の味噌煮(2人分)867

  1. 3枚に下ろした鯖の半身は、さらに半分に切り、水気を拭いておく。
  2. 鍋に、味醂・醤油(各大1/2)、酒(100cc)、水(50cc)を入れて煮立てる。
  3. 鯖の皮目を上に、重ならないように並べて2に入れる。
  4. 蓋をして、中火より強めの火加減で煮るが、時々は煮汁を鯖に回しかける。
  5. 汁気が無くなってきたら、味噌タレ(味噌・砂糖(大1/2)、味醂(大1)、水(25cc)を加え、鍋を回しながら味を馴染ませる。
  6. 鯖を皿に移し、残った汁気は強めに火加減を変えて煮詰め、鯖にかける。
  7. 根を切り落とした貝割れ菜を盛ると、彩り良く、口直しになる。

※ポイントは6、鯖は味が染みたら取り出し、煮汁だけを煮詰めて、鯖にかける。

定食屋に勝つ・・・もしかしたら料理屋にも勝てる《鯖味噌煮》になるかも。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 里芋ご飯 | トップページ | 茄子と貝柱のカレー風味 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ