« 鮭の茸包み焼き | トップページ | 茹で餃子・四川風 »

2007年9月25日 (火)

節約・蟹蒲鉾とチーズ海苔巻き

とんぼ返りで母の様子を見に行くことが何度か続くと、航空券やらホテル代やらで、ちょっと財布(の中身)が寂しくなる。

そんな時のお昼は安上がりでも、ケチって見えないお洒落寿司を。

987 カニ風味蒲鉾は、ピンチの時の助っ人だ。

いまでこそ、世界各地で人気を得ている“カニカマ”だが、発売当初は「インチキ」呼ばわり。

カニカマ元祖の石川県七尾市【スギヨ】は、そのインチキ呼ばわりを、そのまま「蟹のようで蟹でない」とキャッチコピーにして、大ヒット商品にしてしまったのだ。

“カニカマ”は、「カニ風味蒲鉾」と言うもので、原料は蟹にあらず、スケトウタラのすり身。

表面層の赤い色は食用色素(紅麹色素やトマト色素など)で、香りと味は天然香料(蟹抽出エキス)だ。

冷凍のすり身は、急速に解凍し、再冷凍することで繊維状になるが、その時にすり身の水分を一定方向に流すことで蟹のような食感になるという。

さらに、シート状にした蒲鉾を、ロール状に巻いて、より見た目まで蟹に近いものが出来る。

アメリカの一部には、蟹は「crab」、カニカマが「kani」として定着しているそうだ。

そんな、安値のカニカマと、栄養があるチーズ(☜)、歯触りのいい胡瓜(☜)で、見た目もキレイな“花寿司”を。

海苔(☜)で海藻も摂れる・・・立派なもんだ、と自己満足?。

チーズと蟹蒲鉾で海苔巻き(2人分)850

  1. スティックチーズ(4本)、蟹風味蒲鉾(3本)、胡瓜(1/2本)の四つ割り切りを用意。
  2. ご飯(250g)に、酢(大1&1/2)、砂糖(大1/2)、塩少々を合わせた寿司酢を混ぜて、酢飯を作る
  3. まず海苔(1枚)を横長において、1の材料を海苔の長さに合わせて並べ、キッチリ巻く。
  4. 海苔(1枚)を新たに横長に置いて、2を海苔の向こう奥2cm弱残して薄く広げ、3を芯にして巻く。
  5. 包丁を濡れ布巾で湿らせながら、6等分に切る。

※材料費は安上がりなのに、一手間のおかげで花のような可愛い寿司ができた。

巻く材料は、彩を考えて好みで選び、太さを統一して一度海苔で巻くと、いろんな花が咲くと思う。

因みに5月の私の誕生日に作った“薔薇の花寿司”もご参考に。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 鮭の茸包み焼き | トップページ | 茹で餃子・四川風 »