« 薩摩芋と油揚げの煮物 | トップページ | ベーコンとブロッコリーの卵乗せオーブン焼き »

2007年9月 7日 (金)

螺(ツブ)貝の煮物

私の居住地域に、【まぐろ人】という人気の回転寿司(と言っても、かなり高級な部類)がある。

なんたって、コメント友達(?)、呑み友達(?)・・・勝手に思ってるだけ・・・のマグロ君様と同じ名前だもの、行かないわけにはいきませんものね!。

寿司はもちろんネタも良く、美味しいのだが、ちょっとした酒肴の一品がいい。

先日、夫と出かけた時には、《ツブ貝煮》なる目玉に惹かれて、手を出してみた。106

これは「真ツブ」と呼ばれるもの。

刺し身も出来るのは、真ツブだけだろう。470

“螺(つぶ)”と呼ばれる貝は、曖昧な部分がある。

何しろ“ツブ”そのものが、特定の種類を指しているわけで無く、そんな和名の貝は無いのだ。

つまり、時代や地域によって、ツブと呼ばれる貝が違ったりする。

ただ、一般的に市場で“ツブ”もしくは“ツブガイ”と呼ばれる多くは、エゾバイガイ科の類だ。

その中でも、エゾボラ属やエゾバイ属などの中~大型の、寒流系が多い。

真ツブに代表されるエゾボラ属、灯台ツブ(↓写真・左)が主流のヒモマキバイ属、磯ツブ・青ツブ(↓写真・右)が知られるエゾバイ属・・・など。Photo Photo_2

青ツブの煮物Photo_3

身から肝に繋がる部分の、ヌルッとした旨さは類を見ない。

写真では、黄褐色の透明感がある部分・・・一度、口にしたら忘れられない粘感(こんな言葉、あったかな?)。

“ツブ”と良く似た貝に“バイ”があり、俗にバイ貝と言われるエッチュウバイやオオエッチュウバイがそうだ。

ツブとバイの実体は、なかなか掴めるものではないようだ。

ただ、ツブの薀蓄としては、古名は“ツブ”や“ツミ”、“ツブリ”などがあるが、「コロッとした巻貝」「長めの螺旋筋のある巻貝」・・・と言った意。

カタツムリの“ツムリ”も同様の意だろう。

つむじがある人間の頭も“オツム”と言う。

“ツボ”の名も見られるが、土器の壷を作るのに土を紐状にして巻き重ねていく形が、貝の巻き方と似て見えたのだろう。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 薩摩芋と油揚げの煮物 | トップページ | ベーコンとブロッコリーの卵乗せオーブン焼き »