« 大賀蓮の焼酎 | トップページ | 超特級・羅臼昆布 »

2007年9月20日 (木)

♪大きな栗の“栗ご飯”

黄色果皮のドラゴンフルーツと生のアセロラを送ってくれたfrusic様の箱に、プレゼントだという(☜)が一緒に入っていた。1009

裏庭の木だとのことだが、なんと大きな実。

昔、夫の実家にも普通の2倍くらいの大きさの(☜)が生る木があったが、それを思い出した。

直ぐに茹で、茹でながら「どう食べようかしら」と考えた。

当然、幾つかは割ってスプーンで味見だ。

そして定番の栗ご飯、マッシュして寒天で固めて羊羹もいいなぁ。

で、まずは栗ご飯に入れる栗の皮むき。

暇そうに、私が栗を茹でるのを横目で見ていた夫に、茹でた栗の入った笊と、包丁、軍手(包丁で怪我をしないように)、剥いた栗を入れる器を預ける。

一瞬、キョト~ンとした夫。

「お願いしますね、美味しい栗ご飯のために協力して」

41年の結婚生活で、初めて家事の協力を口にした。

仕事を辞めて10ヶ月、掃除機をかけたり、珈琲を入れたりと、自分から少しずつ始めていた夫を見てきた。

初めての口に出しての家事依頼だったが、夫は「お、そうですね、遣りましょう」と乗り気。

ちょっとおぼつかない包丁遣い・・・かと思いきや、案外チャチャッと剥き始めた。

もっとも、皮にかなりの実が残っているのもあるが、それはスプーンでこそげて食べればいいこと。

シンプル栗ご飯(2人分)888

生の剥き栗を米と一緒に炊き込まない、料亭仕込みの栗ご飯。

  • 昆布でしっかり取った出汁と、調味は塩少々だけでご飯を炊く。
  • 炊き上がったら、茹でて剥いた栗を入れて蒸らす。
  • 煎った白胡麻を指先で捻るようにして振る。

余分な具材も、調味料も使わないから、いい昆布(☜)でしっかり出汁を取り、それで米をたくこと。

シンプルながら、米と栗の旨味が良く分かる。

※こんな「栗ご飯」のほかに、市販の甘栗を使った中華風栗ご飯(☜)も、機会があれば試して欲しい。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 大賀蓮の焼酎 | トップページ | 超特級・羅臼昆布 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ