« クルマエビの塩焼き | トップページ | 蕎麦。夏向きと冬向き »

2007年9月28日 (金)

茄子で簡単混ぜご飯

今日は何度か細々と外出したので、簡単に“茄子の混ぜご飯”。

で、本題の前に、こんな植物・・・花?、実?、ナンだろう。

花は茄子の花に似た形で小さい、実の色も茄子の色・・・。

じつは夏の前、散歩の途中の道端に、小さな小さな紫色の花が咲いているのを見つけた。

まだ10cmくらいの草丈だったのを、そっと抜いてきて鉢植えしておいた。

それが、かわいい花のあとに唐辛子の赤ちゃんのような実が付いて、その実は緑から黄、紫、そして真っ赤になる。

ベランダで異彩を放つ植物、けっこう秋っぽくキレイなんだ~。1052

さて、本題に移ろう。

運動会や遠足、文化祭・・・学校や会社の行事が多い秋。

朝から早起きしてお弁当作りをして、日中は張り切って行事の参加や応援。

もう、夕方にはグッタリ疲れて、食欲も出ないくらい・・・ご飯支度も億劫になる。

外食はラクチンだが、外に出かけるのもキツイ(身体も、行事のあとの財布も)。

そんな時の晩ごはんには、茄子(☜)チリメンジャコ(シラスでも)(☜)、青紫蘇、茗荷(☜)、白胡麻などで、簡単に爽やかな混ぜご飯を。

塩揉みしただけの茄子が、案外ツルッと柔らかく、クセもなく美味しく食べられる。

食が進んで、疲れも忘れるかも・・・。

茄子の簡単混ぜご飯(2~3人分)970

  1. 米(2合)は1時間ほど前に洗って、酒(大1&1/2)を加えて目盛りまでの水加減をし、炊き上がったら12~13分むらす。
  2. 1を蒸らしている間に、シラスかチリメンジャコ(1/2カップ)を笊に広げて熱湯をかけ回し、塩気を落として水気を切る。
  3. 茄子(4個)は、ヘタを切って3~4mm厚さの小口切りにしながら水に晒し、水気を切ってポリ袋に入れ、塩(小1)をまぶして4~5分置いておく。
  4. 青紫蘇(10枚)は重ねて巻いて細切りし、水に晒してから水気を絞り、茗荷(3~4個)も小口切りして、水に晒して水気を絞っておく。
  5. 3を袋ごと揉んでしんなりさせ、取り出したら少しずつしっかり水気を絞る。
  6. 1のご飯をサッとほぐし、2&4&5と粗く刻んだ白煎り胡麻(大2)を散らし、塩少々を振りながら全体を大きく混ぜる。

※呑んだ後にも美味しい、サッパリ爽やかなご飯。

具の水気をしっかり切るのが美味しさのコツ。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« クルマエビの塩焼き | トップページ | 蕎麦。夏向きと冬向き »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ