« 鯖の基本は“味噌煮” | トップページ | シシャモを美味しいフライに »

2007年9月12日 (水)

茄子と貝柱のカレー風味

昼過ぎ、安部総理が突如の辞意表明・・・突如といっても、これが突然という気にもならない不思議な突如辞任。

今更の感もあるし、「職責を賭して責務を貫く」ってこんな意味じゃないだろうし、一国のトップとして無責任だろう。

ま、私のボヤキは螻蛄の鳴き声にも足らない。

五輪行きの切符を賭けた“サッカー・カタール戦”が始まるから、今夜は、訳の分からない総理の進退より「コッチ」。

まず、立ち上がりの1点は挙げたが、希望の灯りは消えそうに小さい。

『負けられない戦い』なのだ、灯りを消してくれるな!!、がんばれ~!!

だから、早くアップして、早くTVに齧り付こう。

**********************************************

一昨日の花・・・アメリカン・ブルーの鉢の後ろに見える花。

黄昏の空の色で、好きな花なのに名前が思い出せない。

こんな花、丸っこいのは蕾。

どなたかご存知ならお教えください。986

私達夫婦も、世間並みにカレー好き。

でも、我が家の夕食にカレーライスが出ることは滅多に無い。

何しろ、夫婦で晩酌をするものだから、カレーライスだと肴にならない。

でも、二人ともカレーは大好き。

そこで作るのは、ご飯にかけるカレーだけでなく、おかずにしても食べられるカレー。

で、大き目に切った茄子☜Click)や帆立貝柱☜Click)でサッと作れるカレー風味の煮物を。

“和風カレー・☜”“ドライカレー・☜”もいいが、最後にご飯が食べたければ、残った汁でスープカレー。

充分美味しく、カレー気分満喫だ。

茄子と貝柱の(2人分)962

  1. 茄子(2本)はヘタを切って、皮を縦に3カ所くらい剥き輪切りにし、170℃に熱した油で素揚げする。
  2. 帆立の貝柱(2個)は、半分に切り、油で両面を軽く焼き色をつけておく。
  3. 鍋にサラダ油少々を熱し、エシャロット(1個)とニンニク(2片)の微塵切りを炒め、カレー粉(大2/3)と辣椒醤少々を加えて、香りが立ったら、鶏がらスープ(70cc)と醤油(大1/2)を入れる。
  4. 3で、1と2、あれば香菜少々を入れ、軽く煮て、水溶き片栗粉(大1/2)でゆるめにトロミをつける。

※辣椒醤(ラーチュンジャン)は、赤唐辛子、プラム、ニンニクなどを合わせて作った調味料。

チリソースとも呼ばれて、海老の炒め物や、鍋ものなどに使われる。

これをちょっと入れることで、少し中華風の刺激的な辛さが出る。

中華風にしたついでに香菜を少し使ったが、これは無くても構わない。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 鯖の基本は“味噌煮” | トップページ | シシャモを美味しいフライに »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ