« 蒟蒻の納豆和え | トップページ | 3年山葵で「泪(なみだ)巻き」 »

2007年11月16日 (金)

ボジョレー・ヌーボー飲んだ

昨日、11月第三木曜日は、フランス・ボジョレーのヌーボー(新酒)解禁日。

1287 ムシコさんからのお誘いを頂き、いつもの【アンノーン】(「世の中のうまい話」でマグロ君が紹介してるので、ご参考まで)で新酒を楽しんだ。

店のドアを入るなり、ムシコさんが渡してくださったのが、←の白い花束。

「亡くなられたお母様に」って、思わずグスン・・・(;_;)。

そして、当然ながら、到着したばかりのボジョレー・ヌーボーで乾杯。

いつもなら、カクテルなのだが、今夜は特別・・・女主人の奨めでセレクトしたのが、↓のワイン。

低温熟成・醸造ならではの、爽やかな香りとフルーティーな味わい。

ボトル1本を、すっかり開けた。 2007Photo

老眼が始まっているのだろう、夜の薄暗いカウンターで、携帯電話のカメラではピント合わせられない・・・ピンボケ!!(すみません)

フランス・ボジョレー地区の今年度新酒は、解禁日が決められていて、各国の11月第3木曜日・午前0時に販売解禁となる。

日本の場合も、午前0時をもって、成田空港のゲートから、ヌーボーを積んだ輸送車が一斉に街に向かう。

この解禁は、時差の関係で、日本が一番乗りの解禁になるのだ。

バブル全盛、世の中“グルメ”のブームに浮かれていた頃は、世界各地同時に売り出されるヌーボーを、日本で真っ先に味わおうと、未明のレストランでは、前夜から大勢の客が、その到着を待って大騒ぎだった。

都心なら、早い店では、荷が成田を出て2~3時間後には到着する。

ヌーボーが店のドアを入ると、待ち構えていた客たちは、全員総立ちで、拍手、口笛、クラッカーを鳴らし・・・やおら、改まり、厳かに“乾杯”だ。 と、まぁ、一部の店ではあったが、こんな一大イベントを繰り広げたものだ。Photo_2

もっと、すごい店は、成田のゲート傍に、仮設店舗(許可を得たテント)を設営、“ヌーボー一番乗りの会”を催した。

そんな“国民総グルメ”を煽ったような、企画に全力投球していた、あのころの私を思い出すと、懐かしいというより少し恥じ入る。

ムシコさんの楽しいお話をたくさん聞いて、12時過ぎたのもアッという間・・・。

お仕事先で入手されたという、奥多摩の三年物山葵を頂いたので、明日は早速念願の「泪(なみだ)巻き」にしよう。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 蒟蒻の納豆和え | トップページ | 3年山葵で「泪(なみだ)巻き」 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ