« 大根と烏賊のワタ煮 | トップページ | 生のホッケと岬鰺の刺し身 »

2007年11月 9日 (金)

帆立貝柱の炊き込みご飯

我が家の周辺の紅葉も真っ盛りだ。1256 1254

さて、以前から、れおぽんさんと、彼女のお嬢さんの受験が済んだら、お会いしましょう・・・と約束していた。

見事、難関突破で合格(推薦)なさったと昨夜、ご連絡を頂き、急遽今夜、新宿でお会いすることになった。

そこで、お昼に“毎度おなじみ”近くのスーパー銭湯【極楽湯】(温泉)で、全身に磨きをかけて来た。

だって、先週、Laraさん(と旦那様)にお会いしたあと、Laraさんが「ば~ばさんは、素敵な方」なんて、コメントを・・・。

それに、れおぽんさんが応えられるんだもの、私としては、少しでも、れおぽんさんの落胆を軽くせねば~とプレッシャーが大きい。

あまりに、れおぽんさんをガッカリさせたら、Laraさんがリーク情報を流したことになっちゃうし~。

内面の美は、いまさらジタバタしても取り繕えないから、せめて外面だけでも磨かねば・・・と。

ちょうど、新蕎麦100%のそば切りが出ていた。1259

野菜の掻き揚げが付いて、¥900(私は会員なので¥780)

更科系で、香りが良く、歯切れ抜群。

此処は、温泉施設にしては、蕎麦が美味しい。

しかもツナギ無しの100%蕎麦、喉の奥まで蕎麦の香り。

1257で、私は、運転手(夫)付きなので、昼からビールも一杯。

さて、昼は蕎麦で済んじゃったから、夜は・・・私は、たぶん、れおぽんさんとご一緒ですからね。

「お好きなもの、召し上がって」と、突き放せないのが、私の優しさ((^^ゞ ??)。

そこで、肉じゃがと、炊き込みご飯を作っておく。

干し貝柱の炊き込み飯2人分)1203

  1. 1199 干し貝柱は、米1合に約6~8個を水に戻して、戻し汁毎使う。
  2. 出汁昆布の他は、油揚げや人参など、貝柱の風味を損なわない程度の具材を用意。
  3. 洗った米に、醤油、酒、塩少々を入れた所定の水加減をし、解した貝柱と刻んだ2の具材を入れ、出汁昆布を加えて炊き上げる。
  4. 炊き上がりに、塩茹でした青菜の茎など、細かく刻んで彩りに混ぜる。

※ま、あとは適当に、乾き物などで飲んでいてね・・・行ってきま~す。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 大根と烏賊のワタ煮 | トップページ | 生のホッケと岬鰺の刺し身 »